手話って複雑な動きで、指先の運動になりますよね。レクでやってみよう

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

5月5日は「手話の日」だそうです。

なんでも、日付は手話が左右の5本指を使うからという事です。

思ったんですけど、手話ってすごく指先の運動になりそうですよね。

なので、レクに手話を取り入れてみてはいかがでしょうか?

まずは新元号の「令和」

右手の5本指を閉じ上に向けて、前に出しながら指を開くイメージ。

あと、「明治」「大正」「昭和」「平成」

の手話です。

私、恥ずかしながら全部知らなかったんですが、

明治と大正の手話は、ヒゲを表してるって、

なんていうか、めちゃ簡単に決めましたね(笑)

勉強になりました。

次は、「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」です。

どうですか皆さん。

レクに手話って、楽しそうじゃありませんか?

勉強にもなって、一石二鳥ですね。

やってみた

私の働いているグルホでやってみました。

その日は、集まっても4人でした。

後は職員2人と私、計3人。

まず、クイズ形式で『明治』を表す手話って、どんな風だと思いますか?

っと、皆さんに問いかけてみて、考えてもらったり、

こっちからヒントを出したり(立派なヒゲなど)で、

考える時間をしっかりとります。

そうやって1問1問、ヒントを出しながら、

答えの実演したり、みんなで一緒に手話したりで、

利用者さんの受けも、上々だったかな。

職員さんも「どんなだろう」「へーそうなんだー」

と、結構盛り上がっていました。

利用者さんより、よっぽど盛り上がっていたかも(笑)

「明治」「大正」「昭和」「平成」「令和」「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」

雑談なんかも交えながら、上記の9つを、

30分くらいかけてやりました。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする