間違った歯磨きは認知症になる!?正しい歯磨きで認知症予防

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

あなたは、きちんと歯を磨けていますか?

もしかしたら、間違った歯磨きをしていると、

将来とても怖い未来が、待ち受けているかもしれません。

この前こんなニュースを見ました。

◆歯周病菌がなんと認知症の原因に

抜粋

「歯周病が怖いのは、口の中だけでなく、認知症や生活習慣病などにもかかわっているから」と話すのは認知症専門医の長谷川嘉哉先生。

「歯周病菌が出す毒素によって歯肉などに炎症が起こると、血液中に炎症物質(サイトカイン)が流れ込み、脳まで運ばれるとアルツハイマー型認知症の原因となるたんぱく質(アミロイドβ)が増えます。また、歯周病によって歯がなくなると食物を噛む力が弱くなり、脳への血流や刺激が減って、意欲の低下や物忘れを起こしやすくなります」

 これまで長谷川先生が診察した認知症患者も、口の中に歯垢がたまり、口臭がひどい状態になっていることが多いそう。40代になると8割の人が発症するともいわれる歯周病ですが、毎日の歯磨きやうがいなどの口腔ケアをきちんと行なえば予防できます。

文/女子SPA!編集部 

【監修/長谷川嘉哉】     

自分の事ですら、とても正しいとは言えない、

歯磨きの仕方をしていました。

ましては私は、介護の現場に身を置いています。

自分では歯磨きや、口腔ケアの出来ない利用者さんに、

変わって行っていますが、

果たして、これまでのやり方で本当に良いのだろうかと、

考えさせられます。

なので、正しい歯磨きの仕方を、改めて学んでいただきたく、

対、人による、

正しい歯磨きの仕方の動画を、

ご紹介したいと思います。

詳しくは動画をご覧ください。

口腔ケアの動画はこちらより http://www.houmonshika.org/entry/oralcarechannel_media.php?traffic=u00066 日本訪問歯科協会  ※動画はブログやHPなどに貼り付けてご自由にお使いください。 ※本サイトの情報閲覧、及びご利用によりお客様に生じたトラブルなどに対して、当社は一切責任を負いかねます。

ここまで正確に、全員に行うことは、

難しいかもしれません。

万年人手不足の介護業界、そこまで手が回らないのが、

現状ですが、

いろいろ参考ぐらいはしておいて、損はないと思います。

以上です。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする