【知っておきたい】高齢者の足のむくみ原因・対策・改善・マッサージ法

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

さまざまな理由でむくむふくらはぎ

介護の現場で働いていると、

足がむくんでパンパンな、高齢者が結構います。

とくに、自力歩行が困難で、

車いすを利用している方に、多く見られるように思います。

運動をほとんどできないという理由がありますが、

どうやら、それだけではないんですね。

今回は高齢者の『足のむくみ』の、

原因・対策・解消法

の動画をご紹介します。

高齢者に限った話でもないので、

あなたも、ぜひご参考にしてください。

詳しくは動画をご覧ください。

足がむくむ原因

むくみは足だけではなく、

手、顔、上まぶた、背中にも出ることがあります。

高齢者の場合、何らかの病気によって、

引き起こされることがあるため注意が必要です。

原因①加齢による心肺機能の低下

心肺機能が低下し、全身に血液を送る力が弱くなりむくみが起こります。

原因②手足の冷え、運動不足による筋力の低下

手足が冷えたり、運動不足などで筋力が低下すると、

手や足先の血液を心臓に向かって、押し戻

すことができず、むくみが発生します。

原因③腎臓病

腎臓がうまく機能しないことで、むくみができやすくなります。

腎臓病の中でも特に症状が出やすいのが、

慢性肝炎 糖尿病性腎炎、ネフローゼ症候群などです。

むくみと合わせて、短時間での血圧上昇、

血尿の濁りなどの尿の異変、乏尿などが起こることがあります。

原因④心臓病

心臓に異常があるとむくみができやすくなります。

心臓病の中でも特にむくみの症状が出やすいのが、

心不全、心筋梗塞、狭心症などです。

むくみと合わせて少し動いただけで、息切れがする

動機がずっと続く、胸に違和感が起こるなどがあります。

足のむくみ対策

対策①

水分補給をし、尿意を我慢せず、排出しましょう。

水分補給をし、老廃物を体外へ、

排出することはむくみ対策の基本です。

対策②

心肺機能を向上させる。

心肺機能を向上させるために、適度な運動が有効です。

とくにかかと上げ運動などで、ふくらはぎの筋肉をつけると、

循環がよくなり、むくみ予防につながります。

(心疾患のある方は、無理のないように注意しながら、運動を行ってください。)

対策③

手足を冷やさない。

靴下をはくなど冷え対策を行うことで、

血行を良くしましょう

対策④

バランスの取れた食事をする

塩分を摂りすぎると、水分が体から排出されず、

体内にとどまってしまい、むくみが起こります。

むくみの解消には、いも類、豆類、きのこ類、青魚などの、

カリウムを多く含んでいるものがおすすめです。

腎臓機能に問題がある方は、担当医の指示に従って、

カリウムの摂取を制限するようにしましょう。

足むくんでしまった場合の解消法

解消方法①

昼寝をするまたは、一時的に枕やクッションなどを使って、

手や足などむくんだ部位を心臓より高く上げることで、

血液を心臓に戻します。

(心疾患のあるかたは、急に血液を戻さないように注意しながら行ってください。)

解消方法②

お風呂または、足湯に入りながら、

マッサージをするとよくなります。

入浴が難しい方は、足湯や蒸しタオルなどで温めて、

マッサージすると効果的です。

マッサージは、足先から足裏、

ふくらはぎからひざの裏まで、ゆっくりと指圧します。

最後に、ふくらはぎに程よい力加減で、

揉み上げてください。

解消方法③

病院ではむくみに対して、利尿剤などの薬で、

改善を行いますが、

副作用などもありますので、医師や薬剤師と相談してみてください。

まとめ

冷房が入る時期は、冷気が足元に下がり、

思いのほか、足が冷えます。血行が悪くならないように、

ゴムの緩い靴下を履くなど、しっかりと対策を行いましょう。

また、むくみは外傷があると、感染や炎症を、

起こしやすくなります。

爪の手入れを行い、

傷やばい菌を、付けないようにしましょう。

と、動画で解説しています。

合わせてこちらもどうぞ

以上です。

ぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする