【車椅子でもOK】高齢者レクリエーション 足踏み運動&脳トレ

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

以前、私は特養の勤務経験があるのですが、

利用者さんの転倒によって足の骨折をしてしまい、入院されることが多々ありました。

骨折までとはいかなくても、何度か転んでいた、転びそうだったと、よく聞きます。

高齢者や、要介護の方の中には、転んだ時の恐怖で歩きたくなくなり、

歩けるのに車いすを使って移動しているという事があります。

そうなると余計に歩くために必要な筋力が低下して、

余計に歩けなくなるといった、悪循環にみまわれます。

自分の足で歩けなくなるって、日々の生活が全然楽しくないですよね。

行動範囲も狭くなり、何もできなくなってしまいます。

そこで今回は、転倒予防につながる『座ったままで車いすでも出来る』

足踏み運動の動画をまとめてみました。

足踏み脳トレ体操

  • まずは足踏みの練習から始めます。
  • 数を数えながら足踏み3の倍数の時に手拍子をする
  • 3と5の倍数で手拍子

ポイント:難しくて出来ないを、逆に笑いうまく笑いに変える

3種類の足踏み体操

①足踏みしているときに、数字を数えますよね「1,2,3,4,5」と、

それを「あ、い、う、え、お」「か、き、く、け、こ」と、

50音で、発音していきます。

そのとき、表情筋もしっかりと動かすこといいです。

②掛け算をしながら発声する。

例えば、3の倍数なら「3,6,9,12,15」と、

常に頭を働かせながら、行うことで脳を活性化。

2の倍数とか、4,5など、難易度を簡単に変えられることができます。

③5と10の倍数で、決めたお題に合わせて発声する。

例えば、「野菜の名前」「都道府県」「乗り物」

5と10の倍数(10の倍数だけでもいい)で、

「白菜」「北海道」「パトカー」など答えます。

手拍子・足踏み体操

基本の動き
1から20までの数を声に出して、数えながら足踏みをします。

  • ステップ①
    1から20まで足踏みをします。
    そして、4の倍数で手をたたきます。(4・8・12・18・20)
  • ステップ②
    4の倍数に加えて、「5の付く数字」でも、手をたたきます。
    ※5の倍数ではないので「5・15」だけです。
  • ステップ③
    ステップをマンボステップに変える
    1から20までの数字を声に出して数えながらマンボステップをします。
  • ステップ④
    1から20までマンボステップをします。
    そして、4の倍数で手をたたきます。
  • ステップ⑤
    4の倍数に加え、「5の付く数字」でも手をたたきます。

この運動の肝は、マンボステップですね。

マンボステップがわからなかったら、動画で確認してください。

決して難しいステップではないです。

まとめ

どの足踏み運動も、声を出しながら、

体を動かしながら、頭を使いながらと、

脳トレの要素を混ぜています。

足踏みするだけよりも、

どうせならほかの運動機能も鍛えましょうよ。

座った状態でしますので、車いすの方でも参加しやすいですよね。

ぜひ参考にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする