勤労感謝の日の意味・由来とは?感謝を込めてシニアにピッタリの贈り物

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

毎年11月23日は【勤労感謝の日】です。

勤労感謝の日は、戦後国民の祝日が定められた際に、

「勤労を尊び 生産を祝い 国民互いに感謝しあう」

といった趣旨で定められた「祝日」です。

「勤労感謝の日」の意味

勤労の目的を再認識するという意味が込められています。

人は互いの支え合いによって生きています。

食べ物や着るもの、またサービスなど、

皆他の人の勤労と生産のおかげで助けられています。

あなたがおいしい白米を食べれるのは、それを作った人がいるわけで、

イケてる服を着ていても、それを縫って作っている人がいる。

髪を切ってくれる人もいるし、街を掃除している人もいる。

それを確認して感謝する日なのです。

要はみんなが働いているおかげで、日本(世界)がまわっています。

「働いている方に感謝の気持ちを伝えましょう」といった日ですね。

よくよく考えたら今でこそ高齢者でも、昔は日本のために頑張ってくれて、

今の日本があるんですから、高齢者には感謝感謝ですよね。

こんなにも日本を発展させてくれて、ありがとうございました。お疲れさまでした。

と私は、声を大にして言いたいです。

「勤労感謝の日」の由来

戦争前の宮中(天皇が住んでいる所 皇居の中)の、『新嘗(にいなめ)祭』を由来としている祝日です。

「新嘗」とはその年収穫された、人間が主食とする作物の稲・麦・あわ・きび・豆などの穀

を、この日天皇自らが、神々に新米を備えて収穫を感謝し、自らも食することにより、天皇が

国に実りをもたらす力を得るとされています。

天皇が住んでいる敷地内で、そんな儀式が執り行われているんですね。

当時は「農業中心」の時代。なのでこの行事はとても重要な儀式でした。

その名残が勤労感謝の日です。

ちなみになぜ「新嘗祭」から「勤労感謝の日」と名前を変えることになったのか。

それは1945年。戦争で日本が負け、日本国内ではGHQ(アメリカを含めた連合軍が日本をコン

トロールするための機関)による、日本弱体化政策が始まりました。

GHQの占領下のもと、国家神道(近代天皇制下の日本において作られた一種の国教制度)の色が

強い、「新嘗祭」という名前の祭日を排除し、違う名前の祝日にするよう提案がなされまた。

そこで制定されたのが現在の「勤労感謝の日」

要は、戦争に負けてしまったがために、勤労感謝の日と名前を変えさせられたのです。

この経緯により、新嘗祭は徐々に影をひそめ始め、

現代では、全く耳にすることはなくなってしまいました。

もしかしたら、あなたの働いている高齢者施設に「勤労感謝の日」以前の、

「新嘗祭」の事を知っている利用者さんがいるのかもしれないですね。

「勤労感謝の日」に日頃の感謝を込めて親や、シニアに向けてピッタリのプレゼント

勤労感謝の日って、そんなにがっつり贈り物をするって感じじゃないですよね。

だからと言って、感謝の言葉だけでは何か「物足りないなー…。」

といった悩みを解決できるのがフォトブックです。

フォトブックを贈って、思い出をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

あなたのスマホやパソコンに保管されている写真が、簡単作業で本になっちゃいます。

家族写真や、お孫さんの写真をいつでも見れますよね。

もらって喜ばない人はいないと思います。

プロも認める上質でオシャレなフォトブックが作れるphotoback

おしゃれで上質なフォトブック作成サービス【Photoback】 👈こちらをクリック

そんながっつり贈り物をしないにしても、あまりにも安物っぽいものも、

贈るのは忍びないですよね。

頼んで届いたら「思ったのより何かちゃっちー(しょぼい)なー…。」

と、あとで後悔するのが結構多いんです。

私も経験があります。子供の可愛い写真を選んで作ってもらって、

いざ届いてみてみたら、なんだかペラペラで画像も粗いんです(-_-;)

せっかくプレゼントするんだったら、上質なものをあげたいですよね。

上質といってもフォトブック(1冊1,000円~)ですから、たかが知れています。

贈る側としてもプライドはあります。

あまりへんちくりんな中途半端なものは渡せませんよね。

photobackを使えば、写真が映えるシンプルなデザイン、

専門知識がなくても誰でもオシャレにつくれます。

1冊1,000円~、7種類から選べる豊富なサイズ!

【Photoback(フォトバック)】 👈こちらをクリック

勤労感謝の日以外でも、ちょっとした誕生日プレゼントにも最適だと思います。

例えば、高齢者施設で働いている方でしたら、わかると思いますが、

利用者さん一人一人、年に1度必ず誕生日があり、

誕生日プレゼントを担当者が用意する場合があります。

1年を通して、施設でイベントもあるだろうし、たくさん写真を撮っていると思います。

その写真を選んで、フォトブックにするのもいいですよね。

わざわざ買いに行かなくてもいいですし、インターネットでサクッと簡単に作っちゃいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする