高齢者ドライバー 75歳以上が義務づけられている認知機能検査とは

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

高齢者ドライバーによる相次ぐ痛ましい交通事故を防ぐために、

75歳以上の運転者を対象とした臨時高齢者講習及び、

免許証更新時の高齢者講習を適切に行うため、

記憶力・判断力の判定を内容とした認知機能検査が実施されます。

いったいどんな感じの問題が出るのか参考に見てみてください。

見た感じ認知(症)検査とあまり変わらないように思います。

要は、認知症かそうでないかに分けているんでしょうね。

私が働いているのは、認知症型グループホームです。

認知症高齢者を毎日お世話している身としては、

認知症を患っている人に、車の運転をしている所想像するだけで、

背筋がぞっとします(^^;

これをうまく答えることができなかったら、

免許返納を真剣に考えていいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする