高齢者の高血圧の放置は危険 食生活で無理なく改善 血圧の薬にサヨナラ

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

高血圧の患者 推定4300万人

65歳以上の高齢者の2人に1人が高血圧といわれています。
血圧は30代から上がり始めます。

血圧が上がってから症状が出るまでに早くても10年かかります。

あるいは長くて20年~30年かかって初めて症状が出てくることもあり、
高血圧は別名「サイレントキラー」とよく言われています。

例えば、

健康診断の結果『血圧が高い』と診断されて、

本人は血圧が高いと言われても、特に自覚症状がなく、

「まあ、大丈夫だろう」と放置していると、

徐々に心臓に栄養を供給する血管が弱っていき体を蝕んでいきます。

高血圧は放っておくと、

脳梗塞 心筋梗塞といった重大な病気の病気につながります。

最大の要因は動脈硬化です。

健康な動脈は
心臓から出た血液の約40%をとどめ、

元に戻る力で末端に血液を送ります。

硬化した動脈
血液を送る力がなくなり心臓の負担が増え、

結果血圧が上がります。

血圧が高いと血管が傷つきます。
するとまた血圧が上がりやすくなります。

なので完全に血圧上昇と動脈硬化は、
悪循環を作っているということです。

血圧が上がると、
血管の壁にコレステロールが入り、
コレステロールの脂が血管内で蓄積し、結果動脈は狭くなります。

血管が傷つくとそこに血栓ができて、
血管が詰まってしまいます。

食生活で改善

  • 毎食野菜を必ず摂る
  • 多品目・少量ずつの定食スタイル
  • 丼や麺類などの一品ものをやめる
  • おかずの種類を増やす(少量ずつ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする