遮断機が降りた踏切に高齢女性 あわやの場面で助けられる

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

この記事では、

2月19日午前9時半ごろに名古屋で起きた、

遮断機が下りた踏切に高齢の女性が踏み入り、

あわやの場面で男性に救出されるといった、

ドライブレコーダの記録動画をご紹介しています。

まずは動画をご覧ください。

遮断機が下り、警報音が鳴っていても、

気づかず踏切を渡ろうとする高齢の女性。

そんな場面にたまたま居合わせた男性。

車から降り、遮断機が下りた踏切内に入り、

女性を担ぎ出して救出しました。

私が俺を見て思ったのが、

この女性(認知症かどうかわからないが)にかかわらず認知症を患っていたら、

普通に起こりうることだという事です。

認知症になってしまって危険なのが、

徘徊」です。

徘徊は認知症の「周辺症状」と呼ばれる症状の一つで、

家の中だけでなく外に出て、あてもなくうろうろと歩き回る行動のことです。

認知症により徘徊行動をすることにより、

事故やケガなど、さまざまな危険が伴います。

認知症の人は、

外に出てうろうろしているうちに、

自分の居場所や帰り道がわからなくなることがあります。

うろうろさまよっている間に、

動画の女性の様にわけもわからず踏切内に侵入して、

動画では助けられましたが、

普通ならどうなるかどうかは容易に想像できます。

この少子高齢化が加速度的に進んでくれば、

このような高齢者が増え続けていくのではないでしょうか。

もし家族や近くにこのような高齢者が、

いるのであれば、

何か大変な事故が起こる前に、

何らかの対策を考えておいた方が良いと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする