【グルホ日記1】油断禁物 こまめなトイレ誘導を怠ったその先に。

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

15日の土曜日、

他のスタッフの休みが重なって、遅番がいない日でした。

 

しばらく人手不足とは無縁だったのですが、

お盆ですからね、しょうがないところでしょうか。

 

代打でホーム長が遅番で入ることに。

 

まぁ、ありがたい事です。

前に勤めていた特養では、どれだけ人手不足でも、

頑なに現場を手伝おうとしなかった所でした。

(後から聞いた話では、現場の経験なしで施設長になったとか)

車いすを押すくらいは、出来るでしょうに、、、。

 

ここのホーム長は、

いい意味で介護士ファーストなところがあって、

なるべく介護士の負担を減らそうと、

仕事をしやすいように汲んでくれます。

 

今日の、私は日勤。

出勤するとすぐに夜勤者から、引継ぎがあり、

その時に、ある利用者さんが排便̠「-6」と知らされる。

(排便「-6」とは、6日間排便がないという事)

 

そのある利用者さんは、

基本トイレで排便できる方なのですが、

-5、-6まで行くと、要警戒。

所かまわずその場で、やってしまうんです。

ある程度排便をコントロールするために、

下剤なんかも使ったりするんですが、

タイミングが合わないと大変なことになるんです。

 

なので、こまめなトイレ誘導が鍵なのですが、、、。

 

朝のおやつの為、部屋からトイレへ誘導するも、

排便なし。

 

とりあえず、コーヒーとおやつを利用者さんと、

スタッフともどものんびりと楽しむ。

今日は入浴日ではないので、

比較的ゆっくり、のんびりできます。

この時期の入浴は辛いですよね。

8月の暑さに加え、熱気がむんむんとして、

一瞬で汗をかきます。

 

 

ホーム長も忙しいので、いたりいなかったりなので、

今日は、レクなしで利用者さんの爪切りでもして、

時間をつぶす感じです。

 

そのある利用者さんの爪切りを終え、

休んでもらうという事で、部屋へ誘導。

ここで、私がやらかしちゃいます。

 

こまめなトイレ誘導が必要なのに、

そのまま部屋に誘導してしまいました。

 

そして、運命の11時。

 

センサーが鳴り(歩行不安定な方には、ベッド下にセンサーが置いてあり鳴る仕組み)、駆けつけると、、、。

 

あぁ、部屋から便臭が、、する。

そうだった、「-6」だった。

 

ベッドで横になりながら、しちゃっていました。

完全なる私のミスです。

あの時、トイレ誘導していれば恐らく、

そこで排便があったでしょう。

 

とにかく、トイレへ連れていきます。

 

手引き歩行でトイレへ誘導すると、

歩いた後の床に何かが、、、、。

 

「うあーー、まじかーー、ズボンの裾から出てるー」

その声に反応して飛んできたのが、

ホーム長。「あー、やっちゃいましたね。もうこれは、お風呂連れていきましょう。私入れます。ちょっと着替えてきますね。」

 

という事で、ホーム長自らその利用者さんを、

シャワーしてくれることに。

 

なんてできたホーム長(涙)

特養長とは、月とすっぽん。

 

とにかくシャワーチェアに座ってもらって、

そのまま浴場へ。

 

早番さんは昼食作りで忙しいので、

日勤の私が後処理を。

 

ここから先は、ほんとうにきちゃない話になるので、

割愛します(^^;

 

以上。

8月15日に起きた出来事でした。

 

これからも、

私が勤めているグループホームで起きた、

あんなことや、こんなことなど、

つらつらと書いていきたいと思います。

 

基本、

夜勤中に執筆しております(巡視の時と朝ちょっと忙しいだけで、時間を持て余すので)。

日勤帯は、「情報収集」「ネタ集め」に努めます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする