【現役介護士が作る】高齢者やシニアの健康おかず『さつまいもサラダ』『なすそぼろ』レシピ グループホーム 介護食 高齢者の食事

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

現在、

認知症型グループホーム(高齢者施設)で、

介護士として働いています。

しげゆきです。

 

実際に、

当番で利用者さんに食事を作っていて、

職場で覚えた料理を、

休日などを利用して家族にふるまっています。

 

今回作るのは、 『さつまいもサラダ』と『なすそぼろ』です。

『さつまいもサラダ』

【1人分】

  • さつまいも…35g
  • むき枝豆…5g
  • マヨネーズ…5g
  • 塩コショウ…少々

さつまいもの収穫は、

8月から10月いっぱいと、

まさに今が旬の食材です。

 

特徴として貯蔵して日数がたつほど、

甘さが増す傾向にあり、

出始めはほくほくとした食感、

日数がたつにつれてしっとりとした食感に変わるそうです。

 

栄養面では、

非常に食物繊維が豊富で整腸効果があるといわれています。

 

また、

主成分が炭水化物ということで、

糖質が気になる人もいると思いますが、

カロリーは白米より低くてヘルシーとのこと。

 

おいしいさつまいもの選び方のポイントは3つ。

●全体的にふっくらとして重いもの。

●皮の色目が鮮やかで均一なもの。

●傷などがないこと。

まれに蜜が黒い状態で出ていることがありますが、

これについては糖度が高いということで、

気にすることはないそうです。

 

保存方法については、

新聞紙で1本ずつ包み、

涼しい所に置いて保管します。

 

サツマイモはもともと熱帯の植物で、

非常に寒さに弱いため冷蔵庫での保管はさけた方がよいそうです。

ーーーーーーーーーー

『なすそぼろ』

【1人分】

  • ナス…50g
  • 合い挽きミンチ…20g
  • 味噌…5g
  • 砂糖…5g
  • 酒…5g

グループホームでお出しするメニューを提案しています。

が、

もちろんご家庭で作っていただいても、

参考になるかと思います。

 

万年人手不足の介護業界。

出来るだけ『簡単』に出来るものを、

提案していきます。

 

高齢者用ですので、薄味で量も少なめです。

その分ダイエットなさっていて、

量を制限している人も参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする