【大谷翔平の凄さが分からない人】何がすごいのかがわかる動画2018年 “二刀流” デビュー 全記録!

2018年からメジャーリーグ挑戦を開始した大谷選手でしたが、

スプリング・トレーニング(日本で言うオープン戦・練習試合・調整試合)では、

11試合で打率.125に終わり、

マイナーリーグで開幕を迎えるべきだとの論調が盛り上がっていました。

MLBファンやスカウトの声として、

「打者としては高校レベル」

「マイナーで500打席は修業が必要」という声があり、

大谷はメジャー特有の巧みな球種に対応できていないとしていました。

しかし、

本拠地デビューの試合でホームランを含む3安打猛打賞を記録すると、

そうした声は一気に萎え、

まだ「超一流のピッチャーからは打ってない」と抵抗する声もあったが、

大谷選手は2戦連発弾で黙らせた。

しかも打った相手が直近4年間で2度サイ・ヤング賞(アメリカプロ野球の大リーグで、年間最優秀投手に贈られる賞。)を獲得しているコーリー・クルーバー投手。

現役で対戦できる投手としては、

最高レベルの相手から打ったのだから認めざるを得ないとなりました。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手への評価が、

手のひら返しと話題になりました。

開幕前は酷評の嵐だった米国メディアも、

2試合連続ホームランの前には認めざるを得なかったのです。

と、ここまでバッターとしての話をしていますが、

大谷翔平は【ピッチャー】なのです。

ピッチャーとしても漫画の様に優秀なのですが、

めちゃくちゃ打ちまくってるのです。

とにかく、

デビュー前の酷評を打ちのめした、

大谷翔平の伝説のデビューの全記録を見ていただければ、

大谷翔平のすごさがわかると思います。

そこから、ケガもありましたが、

それを越え現在の活躍につながっているのです。

7月24日 大谷翔平 “二刀流” デビュー 全記録!

【MLB】2018シーズン エンゼルス大谷翔平のホームラン全て見せます♪

今回ご紹介した動画は、

2018年のこと。

これからも大谷翔平の記事をたまにアップしたいと思います。

よろしく願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント