ラクうまゴハン「塩こうじバターコーンのあまーい!炊き込みごはん」料理 レシピ『南日本放送』

1未分類

トウモロコシは夏が旬の野菜です。

生のものは、

収穫された時点からどんどん糖分が、

でんぷん質に変化し甘みが薄れてしまうので、

あまり日持ちしないので、

収穫の時期がそのまま食べ頃の旬となります。

そんなとうもろこしの炊き込みご飯を紹介します。

当記事をご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

甘み・香りがアップするテクニックもあるので、

ぜひ最後までご覧くださいね。

【画像で見る】ラクうまゴハン「塩こうじバターコーンのあまーい!炊き込みごはん」

材料はこちらです。

実をそぎ落とします。丸々1本は長いので半分に切って

見やすいように耐熱ボウルでやっていますが、

調理するときは炊飯窯でやってくださいね。

米に米麹を加えたら混ぜてくださいね

そのうえからコーン

ここで調理のポイント『とうもろこしの芯を入れる』

そうすることで甘み、香りがアップ!

完成!簡単ですね。

【動画で確認】ラクうまゴハン「塩こうじバターコーンのあまーい!炊き込みごはん」

ラクうまゴハン「塩こうじバターコーンのあまーい!炊き込みごはん」

MBCテレビ「かごしま4」のお料理コーナー。
フードコーディネーターのコハシヒロミさんの、いますぐ食べたい!手軽に作れて美味しいレシピが満載です。

コメント