【楽うまクッキング】『夏野菜のガパオライス風丼』「中国放送」エスニック 簡単 料理 レシピ

タイ料理の中でも人気が高いのが「ガパオライス」。

日本人の口にも合う味つけで、

最近ではカフェご飯や、

コンビニやデパ地下のお弁当など、

色々な場所で食べられるようになってきましたね。

 

ガパオライスといえば挽き肉で作るところですが、

今回は鶏もも肉を使ってアレンジ。

食べ応えよくボリュームアップ!

RCCテレビ(中国放送)で紹介されました。

 

当ブログをご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

高齢者施設で実際に料理を作って、

利用者さんに食べてもらっています。

 

この記事を読めば、誰でも簡単に、

夏野菜を使ったガパオライス風丼を作ることができます。

 

後半には、目玉焼きを美しく作るコツも紹介しているので、

最後までご覧になってくださいね。

 

 

【画像で見る】夏野菜のガパオライス風丼 お手軽ドンと丼

材料はこちらです。

ひと口大に切ったもも肉に、塩を適量振りかけます。

そうすることで、余分な水分と汚れを取り除くことができます。

ニンニクの香りが立ってきたら、

鶏肉を加える。

他の野菜も、こんな感じで切っていきます。

鶏肉を端に寄せて、

切った野菜を加えたら、蓋をして3、4分。

野菜がくた~となってます。水分がだいぶ出ていますが、これが丼の汁になります。

プチトマトを加えて、合わせ調味料を加える。

 

美しい目玉焼きを作る方法

卵を常温に戻してから使う事。

冷たいとうまく熱が通らないからです。

30分くらい置いておくといいそうです。

そして、フライパンを温めたら一旦、

濡れ布巾において少し温度を下げます。

ホットケーキと一緒で、急な高温に入れてしまうと、

黄身に火が通らないうちに、白身が焦げてしまうからです。

蓋をしてしまうと、表面が白くなってしまうのでそのまま。

ご飯に盛ります。

この汁が、野菜から出た出汁と合わせた調味料が良くマッチ。

レモンの輪切りと、果汁を入れて、

黒こしょうをふって完成!


野菜の旨味が感じられ、

さらにタレによってすごくご飯がすすむそうです。

【動画で確認】夏野菜のガパオライス風丼 お手軽ドンと丼

タイ料理のガパオライスを花井さんらしくアレンジ!野菜をたっぷりたべられます!
調理時間25分

本場タイのガパオライスと違って鶏もも肉など手に入りやすい素材でつくれますよ♪

今日の料理人:野菜ソムリエ上級プロ 花井綾美

* 鶏肉 野菜 卵 フルーツ ご飯もの トマト 薬味・香草 アジア料理 *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする