食べた瞬間とろける!【うなぎの名店が教える】スーパーのうなぎでふわっふわうな丼の作り方

うなぎは、夏バテ防止に効果があると言われています。

なぜならビタミンBを多く含んでいて、

夏バテの原因となる疲労物質を取り除いてくれるからです。

例えば、うなぎに多く含まれているビタミンB1。

ビタミンB1は炭水化物の代謝をスムーズにしてくれ、

体調を整 える作用があります。

うなぎには、牛乳の25倍、ほうれん草の10倍のビタミンB1が含まれていて、

うなぎ100gでビタミンB1の1日分が補えてしまうというのです。

そして、夏のスタミナアップに効果的な食べ合わせが「梅干し」

「え!?うなぎと梅干し?お腹壊しちゃわないの?」

と思った方もいると思います。

実は「鰻と梅干し」の食べ合わせは、

栄養的・医学的にまったく問題はなく、

むしろ理にかなった相性の良い組み合わせなんです。

うなぎのビタミンBと梅干しのクエン酸は、

どちらも疲労回復に効果的で、

一緒に食べることで相乗効果があるのです。

でも、スーパーで買ってきてご飯に乗せて食べるだけじゃ、

凄くもったいないです。

今から紹介する方法で作れば、

うなぎの名店で食べられるような、

ふわっふわで食べた瞬間にとろけるような、

うな丼が作れちゃいます。

当ブログをご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

実際に介護施設で料理を作って、

利用者さんに食べてもらっています。

参考になるレシピをメモ代わりにブログでまとめています。

食べた瞬間とろける!お家で簡単ふわっふわうな丼の作り方!「うな亭わがつ」

まずは、プロの味に近い「タレ」から作ります。

みりん100㏄を鍋に入れ、

強火でアルコールをとばします。

同量のしょうゆ100㏄いれ、

沸騰したら砂糖を加えます(お好みの量)

沸騰しないくらいの弱火で、10分煮て完成。

続いて、肝心のうなぎの調理。うなぎを1/2にカット。

うなぎを洗うというのです。

洗ったら、フライパンで焼いていきます。

うなぎは冷めると皮から硬くなってしまうので、

そうならないようにするために、皮目を下にして蒸し焼きにします。

日本酒を大さじ4~5入れて、

沸騰したら弱火にして5~10分蒸し焼きにします。

一旦バットに移して、フライパンの油やたれをふき取り、

うなぎを戻して、

仕上げに最初に作ったタレをかけ温めたら完成。

【動画で確認】食べた瞬間とろける!お家で簡単ふわっふわうな丼の作り方!「うな亭わがつ」

おうちで本格的なうな丼、食べられるなんて最高ですよね、、、
今回は、「うな亭わがつ」伝授の、最強レシピをご紹介します!

0:00 うなぎ専門店の「うな亭わがつ」から本格うな丼の作り方を伝授してもらいます!

2:03  市販の「ウナギのかば焼き」をお店の味に近づける、簡単なタレの作り方!

3:11  ウナギの美味しい調理法!

7:30  完成!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする