【北京銅メダル】【リオ銀メダル】 男子陸上4×100mリレー 【オリンピック感動の名場面をもう一度】

オリンピック

北京五輪で銅メダル、

リオ五輪で銀メダルを獲得、

あともう少しで悲願の金メダルが手に届く範囲にあります。

これまでお家芸ともいわれる「バトンパス」

アメリカをはじめとする強豪国を相手に戦ってきた日本ですが、

バトンパスで縮められるタイムは限界があります。

これ以上タイムを速くするためには、

個々の走力を上げていくことが必須と言われてきました。

そうした状況のなか、

それぞれの選手がオリンピックに向けて厳しいトレーニングを積んできた結果、

今年に入って山縣亮太選手が9秒95の日本新記録をマークし、

9秒台の自己ベストを持つ選手が4人にまで増えました。

より金メダルに期待が集まっています。

そんな男子陸上4×100mリレー。

北京と、リオの感動の名場面をご覧ください。

アスリートの魂「陸上競技 伝説のレース 北京400mリレー」

【公式】リオ2016オリンピック 男子陸上4×100mリレー 山縣 亮太・ 飯塚 翔太・桐生 祥秀・ケンブリッジ 飛鳥 選手【オリンピック感動名場面】

オリンピックの感動する名場面を紹介するシリーズ
今回はリオ2016オリンピック 男子陸上4×100mリレーです。
山縣 亮太・ 飯塚 翔太・桐生 祥秀・ケンブリッジ 飛鳥 選手

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HDZQN+3XP7IY+3250+6MZE9″ rel=”nofollow”>

コメント