「夏野菜」で施設の利用者や高齢者を熱中症から守る料理 レシピ動画 食事 介護食

夏野菜と食べると、熱中症の効果があります。

なぜなら、夏野菜は特に水分が多いので、

体を冷やしてくれる効果があるんです。

例えば、ナスやキュウリ、トマトです。

水やお茶から水分を摂取することも大事ですが、

夏野菜を使った料理から水分を取り、

体温を下げることは理にかなっているといえますね。

なので、今回はそんな「夏野菜」を使った料理を、

紹介している動画を皆さんとシェアしたいと思います。

当ブログをご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

実際に高齢者施設で働いていて、

利用者さんに料理を作って、実際に食べてもらっています。

介護施設の食事作りや、

介護食に使えそうな料理を紹介しています。

未来レシピ ☆夏野菜たっぷりサバキーマカレー

材料はこちらです

【作り方】


1. 玉ねぎ、トマト、かぼちゃ、ピーマンを1cm角に、ほうれん草は1cm幅に切る


2. 切ったかぼちゃをレンジで2分加熱し、やわらかくする


3. フライパンに油をひき、玉ねぎ、ピーマンを炒め、次にほうれん草を加える


4. ほうれん草がしんなりしたらトマト、かぼちゃを加え、塩こしょうをする


5. サバの味噌煮缶を入れ、ほぐしながら混ぜる


6. カレー粉とウスターソースを入れて、水分を飛ばしながら全体がまとまるまで良く混ぜる


7. 器にごはんを盛り、その上にキーマカレーをかけてできあがり

【未来レシピ -びわ湖放送- 】

「きゅうりとアボカドのサラダ」

材料はこちら

きゅうりは薄い小口切りにする。

ボウルに入れて塩をかけ5分ほど置いておく。水が出たらしっかり絞っておく。カニかまは大きく割いておく。

アボカドの皮に数カ所の切り込みを入れ、

600Wの電子レンジで30秒ほど加熱する。

縦半分に包丁を入れ半分に割る。種に包丁の刃元を刺し、軽くひねって取る。


フォークかスプーンで身を取り出しボウルに入れて潰す。

2に酢を入れて混ぜ合わせ、きゅうりを入れてよく混ぜる。


カニかまを入れ合わせたら、マヨネーズを加えて混ぜる。


仕上げにカレー粉やこしょうを振って出来上がり。

【ポイント】

アボカドはレンジで加熱することで変色しにくくなります☆
【福島放送-ぱぱっとゴハンデス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする