エンゼルス大谷翔平投手が「1番投手」で出場。

5回4失点で9勝目の権利を持って降板したが、

2点のリードを救援陣が守れず勝敗は付かなかった。

6-5の8回に4番手ペトリッカが連打と四球で無死満塁のピンチを招き、

ウリアスにストレートの押し出し四球を与え同点に追いつかれた。

その後も2死から押し出しや適時二塁打などでこの回に5点を奪われて逆転を許し、

6-10で敗れた。