【勝率8割5分全棋士中1位】藤井聡太七段なぜ強い?将棋を知らない人でも分かる強さの秘密を解説Souta Fujii

藤井聡太は2002年、愛知県瀬戸市出身。

2016年、

史上最年少の14歳でプロ入り(奨励会で四段昇段)。

デビュー戦で元名人の加藤一二三九段(後に引退)を破ったのを皮切りに、

29連勝という新記録を打ち立てる。

今年度成績は20局指して17勝3敗(勝率0.850)

対局数20、勝数17は全棋士中1位の藤井聡太七段(9/1現在)

若くして成功を収めているわけですけど、

一般人→嫌な仕事を頑張って年収400万
藤井聡太先生→趣味の延長で年収4000万

私ももっと頑張らないといけません!

そんな藤井聡太七段の強さの秘密に迫ります。

どうして藤井聡太七段だけこんなに強いの?将棋を知らない人でも分かるように元奨励会員が解説してみました!

金運アップ習慣【お財布専用ふとん】

藤井七段の強さの秘密を5分で徹底解剖します!

【ひろゆき】なぜ藤井聡太は強いか?真似できない強さの秘密についてひろゆきが語る【切り抜き/論破】

金運アップ習慣【お財布専用ふとん】

【将棋】藤井聡太二冠は尋常じゃ無い、突き抜けている 渡辺明名人

藤井聡太七段のご活躍、女流棋士がまとめてみました。【将棋】

【将棋】藤井聡太王位棋聖の才能は桁違い、何処まで強くなるのか?豊島将之竜王叡王 コメント集

藤井聡太棋聖にインタビュー 前編

将棋のタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)を制し、史上最年少で初タイトルを手にした藤井聡太棋聖(18)の就位式が23日、都内で開催される。藤井棋聖は就位式を前に、本紙の単独インタビューに応じ、自らの課題を分析した上で「まだまだ強くなる余地があると思います」と語った。  藤井棋聖はインタビューの中で、幼少期の将棋との出会いから現在の日常生活、対局での課題、自分の将来像などを吐露した。  公式戦については、中盤で読みを深めるため時間を使い終盤に十分な時間がなくなることもあり「予想にない手を指されると対処が難しい。中盤の戦い方が課題」と総括。その上で「どんな局面でもしっかり自分で考え、最善手や好手に近づくのが一つの理想。自分の中でまだまだ強くなる余地はあると思います。強くなることは今後も常に目標」と、さらなる高みを目指す思いを口にした。

藤井聡太棋聖にインタビュー 後編

将棋のタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)を制し、史上最年少で初タイトルを手にした藤井聡太棋聖(18)の就位式が23日、都内で開催される。藤井棋聖は就位式を前に、本紙の単独インタビューに応じ、自らの課題を分析した上で「まだまだ強くなる余地があると思います」と語った。  藤井棋聖はインタビューの中で、幼少期の将棋との出会いから現在の日常生活、対局での課題、自分の将来像などを吐露した。  公式戦については、中盤で読みを深めるため時間を使い終盤に十分な時間がなくなることもあり「予想にない手を指されると対処が難しい。中盤の戦い方が課題」と総括。その上で「どんな局面でもしっかり自分で考え、最善手や好手に近づくのが一つの理想。自分の中でまだまだ強くなる余地はあると思います。強くなることは今後も常に目標」と、さらなる高みを目指す思いを口にした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする