歌手を「辞めよう」と思った過去…松田聖子【Seiko Matsuda】 メドレー & 人気曲 | ヒットメドレー Greatest Hits

1未分類

歌手の松田聖子(59)が21日、

日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」にVTR出演し、

80年代を振り返っていました。

番組では、MCを務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(58)との対談の様子が放送されました。

今年デビュー41周年を迎えた松田聖子さん。

80年代が特に多忙なスケジュールだったといい

「あの当時は生番組、歌の番組がすごく多かったので1日に2本とかやって、そのまま夜中深夜にレコーディングして、次の朝早く起きたら『野菊の墓』の映画の撮影に行くとかそういうサイクルで動いてました」と話していました。

司会の宮根に「当時辞めようかなと思ったことは?」と問われると「はい」とうなずきつつ「振り返ったら確かにもうちょっと寝たいなとかお休みが欲しいなとかあったと思うんですけど、それがあって今があって。振り返ると私のキラキラした青春時代ですね」

と笑顔で語っていました。

そんな松田聖子人気曲メドレーをおお聴きください。

松田聖子 / ノンストップシングルメドレー LIVE

かわいい聖子ちゃんを詰め込みました。
ノンストップアルバムメドレーLIVE はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=E3UGr…
0:00 裸足の季節  2:14 青い珊瑚礁  4:10 風は秋色  6:42 チェリーブラッサム  8:47 夏の扉  10:15 風立ちぬ 12:52 赤いスイートピー  15:08 渚のバルコニー  17:02 小麦色のマーメイド 18:19 野ばらのエチュード
21:08 天国のキッス  26:28 ONLY MY LOVE

松田聖子 ヒットメドレー

裸足の季節~青い珊瑚礁~制服~時間の国のアリス~Rock’n Rouge~夏の扉
こちらよりチャンネル登録も是非お願い致します!
https://www.youtube.com/channel/UCVpr…
動画によっては広告が表示される場合もありますが、広告収入は一切ございません。
ご視聴いただきありがとうございました!

【Seiko Matsuda】松田聖子 メドレー ♥♥ 松田聖子 人気曲 | ヒットメドレー♥♥ Seiko Matsuda Greatest Hits

【Seiko Matsuda】松田聖子 メドレー ♥♥ 松田聖子 人気曲 | ヒットメドレー♥♥ Seiko Matsuda Greatest Hits
【Seiko Matsuda】松田聖子 メドレー ♥♥ 松田聖子 人気曲 | ヒットメドレー♥♥ Seiko Matsuda Greatest Hits
【Seiko Matsuda】松田聖子 メドレー ♥♥ 松田聖子 人気曲 | ヒットメドレー♥♥ Seiko Matsuda Greatest Hits
01. 赤いスイートピー
02. 瑠璃色の地球
03. 薔薇のように咲いて 桜のように散って
04. 裸足の季節
05. チェリーブラッサム
06. 天国のキッス
07. SWEET MEMORIES
08. 青い珊瑚礁
09. 風は秋色
10. 時間の国のアリス
11. ガラスの林檎
12. セイシェルの夕陽
13. ピンクのモ-ツァルト
14. Rock’n Rouge
15. Eighteen
16. 白いパラソル
17. 夏の扉
18. 野ばらのエチュード
19. 瞳はダイアモンド
20. 秘密の花園

Seiko Matsuda Seiko Matsuda Greatest Hits 2021 松田聖子 メドレー 松田聖子 人気曲 ヒットメドレー

Seiko Matsuda Seiko Matsuda Greatest Hits 2021 松田聖子 メドレー 松田聖子 人気曲 ヒットメドレー
Seiko Matsuda Seiko Matsuda Greatest Hits 2021 松田聖子 メドレー 松田聖子 人気曲 ヒットメドレー
Seiko Matsuda Seiko Matsuda Greatest Hits 2021 松田聖子 メドレー 松田聖子 人気曲 ヒットメドレー

まとめ

最近の松田聖子さんは、

実力だけでなく41年間休むことなく走り続けてきたことに対する評価も付随されてきたように感じます。

毎年シングル・アルバムを発売。

さいアリ・武道館レベルの箱は超満員。

日本最高レベルと言われるディナーショーのチケットはプラチナ化。

奇跡に近い人気です。

聖子さんの言う通り、

ガムシャラに歌ってきた80年代があり、

それを基礎に90年代以降、

地道に自分のやりたいことを突き詰めてきた結果として、

いま最高に充実した時期を迎えているのでしょう。

しかもその間、

ずっとアンチに晒され続けてビクともしないのですからアッパレです。

コメント