【誇るべき日本】建国記念日の意味とは?由来とは?理由 なぜ建国記念『の』日? 日本の歴史

建国記念日

当ブログをご覧いただき有難うございます。

介護士しげゆきです。

 

2月11日は「建国記念日」です。

 

建国記念日とは、簡単に説明すると、

「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、

1966(昭和41)年に定められました。

 

この2月11日という日付は、初代天皇とされる神武天皇の即位日である【旧暦】紀元前660年1月1日にあたり、

明治に入って【新暦】に換算した日付という事だそうです。

 

建国記念日とは

建国記念の日。『日本書紀』にある初代神武天皇が即位した日を、明治に入って太陽暦に換算して2月11日と定め、「紀元節」としたのを、戦後GHQによって廃止されるも、昭和41年(1966)から「建国記念の日」として国民の祝日に加えられた。

2月11日建国記念日の真実と祈り方

 

建国記念の日‼建国記念日ではなく『の』が入る意味とは?

2月11日は、建国記念の日で国民の祝日です。
でも、建国記念の日ってなんだか言いにくいですよね。。。
なぜ、建国記念日では駄目なのでしょう。

コメント