コーチが“暴行”の高校 保護者向け説明会

熊本

熊本・八代市の秀岳館高校サッカー部の男性コーチによる暴行動画の流出問題で、4日、保護者への説明会が行われました。

この中で、動画の流出後、部員による謝罪動画が掲載されたことについて、当初学校側は「部員主導で行った」としていたが、撮影に監督が関わっていたことが明らかになったといいます。

また、生徒へのアンケートで、過去2年間でサッカー部の監督やコーチから、生徒への暴力が20数件確認されたことも判明しました。

監督は一連の騒動に対し、保護者に泣きながら土下座したそうですよ。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コメント