【7月18日】カワイイ動物放送まとめ「表情豊かなモルモット」「コーヒーが苦手な猫」「ひっくり返ったカメを救ったのは…」「祇園祭にカルガモの親子」         

今日の動物ニュース
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回は、7月18日にテレビで紹介された、可愛い動物たちをまとめました。一日の疲れを可愛い動画で癒されてください。

表情豊かなモルモットが可愛すぎ! その理由は?(2022年7月18日)

モルモットって実はとっても表情豊かなのです。

例えば、全身を震わせて口をポカーンと開けて呆然としています。

横になっているところにちょっかいを出されたようです。

突然の出来事に驚きを隠せない表情は愛らしいですね。

実はモルモットの鼓動はとても早く、それに合わせて体が動きます。

その動きがドキドキしているように見えるのです。

ひとの朝食にダメ出し? コーヒーが苦手なネコ(2022年7月18日)

砂を掛ける仕草をするネコのココちゃん。

よく見れば、飼い主さんの朝食が…。

おいしそうじゃないかもしれませんが、そんな汚いものを扱うようにしなくても…。

飼い主さんによりますと、ココちゃんはコーヒーが苦手。

漂うにおいを消したいと思っているのではないかということでした。

“絶対絶命”ひっくり返ったカメ ピンチ救ったのは…散歩中の犬

けたたましく、ほえる犬。

そこには、犬の数倍はあろうかという、大きな生き物が横たわっていた。

ひれのような前脚と、だらんと伸びた首。

ひっくり返って動けなくなってしまった、アオウミガメ。

動画が撮影されたのは、小笠原諸島・父島の境浦海岸。

小笠原諸島は、日本で最大のアオウミガメの産卵地。

毎年5月から8月にかけて、多くのアオウミガメが卵を産みにやってくる。

このカメも産卵のため上陸したところ、何らかの原因で、ひっくり返ってしまったとみられる。

カメを助けたエバーラスティング・ネイチャー 近藤理美調査研究員「自分の力だけで元に戻るのは、ほぼないと思います。もしかしたら、1日で死んでしまう可能性は十分にある」

そんな絶体絶命のピンチを救ったのが、犬だった。

砂浜での散歩中にウミガメを発見し、飼い主が小笠原海洋センターに連絡。

すぐにスタッフが駆けつけ、3人がかりでアオウミガメを元に戻した。

すると、アオウミガメは、ゆっくりと海に向かって歩き始めた。

その時、カメを見守っていた犬が、飼い主の手を振りほどき、カメを追いかけるように走っていった。

カメを助けたエバーラスティング・ネイチャー 近藤理美調査研究員「元気よく見送ってくれている感じでした。このワンちゃんは、カメさんのことが大好きで、ウミガメを見に、お散歩しに来てくれるので、今回は、ワンちゃんに助けてもらった命だと思っています」

アオウミガメがひっくり返ったり、岩場に挟まって動けなくなるケースは、年間に数回あるという。

小笠原海洋センターは、もし見かけた場合は、安易に近づかず、連絡してほしいと呼びかけている。

「ヒヤヒヤしたが癒やされた」京都・祇園祭に“カルガモ親子”が現れ一時騒然 警察官が出動|TBS NEWS DIG

新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの山鉾巡行が行われた京都の祇園祭。夜の祇園に姿を現したのは“意外な珍客”!警察が出動する事態となりました。

約14万人が訪れた京都の「祇園祭」。豪華な装飾から“動く美術館”ともいわれる最大の見せ場「山鉾巡行」が3年ぶりに行われ、見物客も大喜び。

そんな中、夜の祇園で警察官が出動する騒ぎがありました。交差点で車を止める警察官。その足元にいたのは・・・

カルガモの親子!

親ガモの後ろを6羽の雛が一生懸命ついていきます。車や自転車が行き交う中、危険がないよう警察官も慎重に誘導しますが・・・突然の方向転換。警察官もあたふた。

動画の撮影者
「ヒヤヒヤとしていた部分はかなりありましたけれども、本当に癒されました。仕事疲れてたのでほっこりって感じですね」

動画の撮影者によると、このあとカルガモの親子は、近くにある八坂神社へ向かって誘導されていったそうです。

コメント