【ナスにがん予防の効果】「丸ごとなすと鶏手羽のうま煮」Eテレ 今日の料理ビギナーズ

がん予防
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回紹介するがん予防になる、体にやさしいレシピは「丸ごとなすと鶏手羽のうま煮」です。実父が大腸がんを患いました。大腸がんは5%遺伝の要素があるというので、日々、がん予防、体にやさしい食事作りに励んでいます。

8月1日にNHK Eテレで放送された、今日の料理ビギナーズで紹介されました。

いままで、取り立てて栄養がないと言われてきていた「ナス」。実は、カリウムや、ナスの色素のナスニンと呼ばれるアントシアン系の色素であるポリフェノールが多く含まれており、カリウムはナトリウムの排泄に関係しており、高血圧予防を、ナスニンは活性酸素の攻撃や過酸化脂質の生成を抑えて、がんや老化を防ぐ効果があると言われているそうです。

「なすの山椒天ぷら」のレシピはこちら

「レンジなすのにんにくレモンだれ」のレシピはこちら

「丸ごとなすと鶏手羽のうま煮」の作り方

フライパン一つで出来るボリュームのある甘辛味のおかず。丸ごとなすは、切れ目を入れることで味が染みやすくなるので、忘れずに。鶏手羽を焼いた後にナスを入れて、煮るだけ。

材料はこちら。

へたを切り落としたなすは、縦1㎝間隔に切れ目を入れます。

すぐに水に入れて、拭いておいてください。

小口切りにしたねぎは、水で揉んだら、

ペーパータオルで、硬く絞ってください。

フライパンで油を熱し、皮目を下にして鶏手羽を入れます。

中火で3分ほど焼いて、焼き色がついたら返して、

手羽先の間にナスを加えます。時々返しながら、5分ほど焼きます。

出汁、醤油、みりんを加えて、

煮立ったら落とし蓋をし、弱火で15分くらい煮ます。

落とし蓋を取ったら、一度返してください。

火が通って、煮汁が少なくなったら、

ネギを散らしたら出来上がり。

最後に

しげゆき
しげゆき

最後まで当ブログをご覧いただき有難うございます。今回紹介したがん予防になる、体にやさしいレシピは「丸ごとなすと鶏手羽のうま煮」でした。

ナスを丸ごと煮るだけ。ご飯のおかずに最高ですね。

 

こちらの記事もオススメ

 

コメント