さまざまな形の穴入れゲームレクリエーションで認知症予防

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

用意するもの

  • 適度な大きさのタッパー
  • 小物
  • カッターナイフ(穴開ける用)
  • マスキングテープ(穴の周りに貼る)

楽しみ方

タッパーに、色々な大きさの穴をあけておきます。

その穴の大きさに合わせた小物を用意します。

物の大きさや、形を認識して、

小物を全部入れる速さを競います。

詳しくは動画をご覧ください。

どの穴なら小物が入るかを認識して頂くレクリエーションです 自己紹介 [レクリエーション志郎チャンネル] 主に高齢者向けのレクリエーション動画をアップしています。 日々のレクのヒントになれば幸いです レクリエーション以外にも [志郎先生のチャンネル] https://www.youtube.com/channel/UCiPacRSj8j9APPhe_UbvhUg をはじめました。 こちらはレクリエーション以外の動画をアップしています。 今のところアウトドア道具で遊んでる動画中心です。

タッパーに穴をあけるのは、ちょっと大変かもしれませんね。

100均に行けば、ちょうどいい大きさの、

いい感じの紙製の箱、売っているんじゃないでしょうか。

穴の周りに、マスキングテープを貼るのは、

穴の形や大きさを、見た目ですぐわかりやすくするためです。

あと中に入れる小物ですけど、

ちょうどいい小物って、意外となかったりしますよね。

動画での説明では、箱の大きさに、適度な大きさに合わせた、

ビニール袋や新聞、チラシ、ひもやロープなどを勧めています。

他には、ほかのレクでも使っていそうな、

ビー玉やおはじき、ピンポン玉、とか使えるでしょう。

何でもいいので、先にかき集めてから、

その後に、集めた小物に応じた、穴をあけた方が、

的確な大きさの、穴をあけられると思います。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする