【高齢者用】椅子に座って ゆっくりまったり簡単介護予防体操

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

なぜ高齢になると介護予防・機能向上・体操が必要なのか 

日本は世界一の長寿国です。80歳以上の元気な高齢者も、

もう珍しくはなくなりました。

しかし一方で、

寝たきりや要介護高齢者もどんどん増加しています。

また、日本の高齢者の特徴として先進諸外国に比べて、

生活レベルが低下すると、元のレベルに回復させるのは難しいとされています。

(私が働いているグループホームでも、全員要介護高齢者、歩けなくなって車いす移動になると、もう歩けるように機能回復させることは、とても難しいと感じます。)

だからこそ、高齢者ひとりひとりが、

生活の基盤である健康を維持・向上していかなければいけません。

それを怠ってしまうと、徐々に機能低下していき、

要介護・寝たきりになってしまいます。

その重要な解決策のひとつが、体操です。

こういった体操を継続的に行うことで、

回復できないほどの、機能低下を防げるようにしましょう。

高齢者の筋力が低下すると、何が問題なのか

日常生活の基本的活動がしづらくなります。

例えば、寝返る、座る、立つ、歩く、階段の昇降などです。

あとは、高齢者特有の猫背などの姿勢や遅足、すり足などの動作の緩慢で、

筋力の低下が大きな原因と言われています。

特にすり足は危険です。

すり足はよくつまづくんです。歩くときひざが伸びて棒状態。

転倒のリスクが格段に高くなり、骨折など起こせば、

一気に寝たきりの可能性が高まります。

ゆっくりと行える体操で機能維持・向上

今回紹介する動画は、

各部位丁寧にゆっくりで、無理なく行える体操です。

『準備運動』『首・肩回りの体操』『ひざ痛予防』

『表情筋の体操』『腰痛予防』『体力向上』『整理体操』

と、各部分別に効果的な体操が、分けられています。

鹿児島県の『よかよか体操』というものです。

私の意見ですが、

とても基本に忠実な体操で、わかりやすく簡単で、

しかも効果的だと思います。

詳しくは動画をご覧ください。

『準備運動』

住み慣れた地域でいきいきと自分らしい生活が送れるよう、また、人と人とのつながりを大切にした地域づくりをめざして、鹿児島大学と共に開発した、介護予防に効果的な体操です。

準備体操
準備運動は、体を温める目的でストレッチ中心の軽めの運動です。
急激に動くと、痛みを誘発したり、けがの原因にもなります。
少し「物足りない」程度にして、次の運動にしっかり備えましょう。

椅子に浅く腰掛け、ひざを90度くらいにして、背筋を伸ばしてください。

  • おじぎ
    胸を張って腰から折れるように、背中とお尻の筋肉を刺激します
  • ひねり
  • 足うら伸ばし
  • 肩まわし

『肩こり予防に効果的な体操』

  • 肩の上げ下げ
  • 肩甲骨まわし
  • おへそのぞき
    首の後ろの筋肉を意識した運動
  • トビラ開き
    肩甲骨を前後に動かす運動
  • 首・肩つなひき
    首を横に倒して反対の肩を下げる運動

肩こりを予防する体操いいですね。

自分用にもやっておきたいです。

高齢者のみならず、肩こりに悩むあなたもぜひ。

『ひざ痛予防に効果的な体操』

  • 前後スライド
    足の裏を浮かせずに床を滑らせます
  • 左右スライド
    ももの裏の筋肉を使って股関節をひねる運動
  • 足あげ
    足を延ばして持ち上げる少し強めの運動

『表情を豊かにする体操』

  • おめめパッチリ
    両眼を閉じたり大きく開く運動
  • ウインク
    交互に片目を閉じたり開いたりする運動
  • ウーイー
    口を尖らせたり横に引っ張ったりする運動
  • あべこべ
    首の動きと目の動きを利用した協調性の運動

『腰痛予防に効果的な体操』

  • お尻上げ
    骨盤を持ち上げる運動お尻を片方ずつ引き上げます
  • お尻スライド
    骨盤を交互に前に出す運動
  • すわってマーチ
    座ったままの歩行運動
  • 立ち上がり
    立ち上がりの運動体を前に倒すことを意識する
  • 前曲げ(立位編)
    立位で体を前に曲げる運動
  • ひねり(立つ編)
    腕を上げた状態で体が真横になるようにひねります

この運動は介護者が行ってもいいですよね。

介護の仕事は、腰をよく痛めます。

介護と腰痛は、切っても切れない関係です。

『体力向上に効果的な体操』

  • 両足つま先立ち
  • 片足つま先立ち
  • 片足前・横・後
    片足で足を3方向に振り出します
  • 踏み出し

こちらは立って行う体操です。

高齢者の方は、気を付けてくださいね。

『整理体操』

  • 整理体操1
    足のゆらし
    足うら伸ばし
  • 整理体操2
    手のゆらし
    深呼吸

まとめ

どうでしたか?

とても分かりやすい動きで、

継続的に行えやすい体操じゃないでしょうか。

さっそく私も、「自分用」に毎日続けてみたいと思います。

各事業所で、この体操を取り入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする