高齢者の生きがいづくりの必要性 生涯自立を目指しいつまでも健康に

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

「生きがい」をなくしたら認知症になるケースが早まることも

人が生きていくうえで「生きがい」は、非常に大事だと思います。

若いうちは仕事や育児など、趣味にも没頭出来て生きがいになることができますが、

高齢者となると、それがなかなか難しいようです。

あなたの両親や、祖父母にはいつまでも健康に元気で生きていてほしいですよね。

私の働いているグループホームでこんなことがありました。

当施設の経営者の姉Tさん(85歳)が、足のケガ(完治はしている)によるリハビリ目的で施設に入所。

Tさんは怪我する前は一人暮らしで、掃除、洗濯、料理など全部ひとりでやっていたそうです。

施設に入所して数か月たったころ、

同じ話を何度もをするようになり、そのことに本人は気づいていませんでした。

ある日、何度も同じ話をしていることを指摘してみたところ、

本人はそのことに、本当にびっくりされたようで、顔面蒼白になっていました。

そして、ぽつぽつと話をしてくださいました。

「私ね、家にいるときは一人で住んでて、家の事全部、順序立ててねぇ自分でやってたわ。」

「でもここにいると、掃除も洗濯もしてくれるでしょう?時間になったらごはんも出てくる。」

「何にもやらなくなっちゃって、ここにいたらボケちゃうわ…。」

「生きがい」を説明するのに「張り合い」という解釈が一般的ですが、

Tさんは、まさに掃除や洗濯や料理をしなくなって、人生の「張り合い」がなくなってしまったんですね。

高齢者施設で働いている介護者としては、耳が痛い話です。

色々考えさせられます。

生きがいを持つ事の大切さ 健康長寿に向けて

この動画では、人生に「生きがい」を見出してアクティブに生きている人の姿を映しています。

もしあなたや、家族に生きがいなく日々暮らしてる人がいたら、ぜひ参考にしてほしいです。

人生の張り合いを見つけるヒントがあると思います。

人生に張り合いを見つけて、元気に長生きできる人生を送ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする