高齢者ドライバー 75歳以上が義務づけられている認知機能検査とは

運転
認知機能検査ー1受験経験者が作成の完璧な解説。これで貴方は間違いなく高得点パス。tami動画

高齢者ドライバーによる相次ぐ痛ましい交通事故を防ぐために、

75歳以上の運転者を対象とした臨時高齢者講習及び、

免許証更新時の高齢者講習を適切に行うため、

記憶力・判断力の判定を内容とした認知機能検査が実施されます。

 

いったいどんな感じの問題が出るのか参考に見てみてください。

 

見た感じ認知(症)検査とあまり変わらないように思います。

要は、認知症かそうでないかに分けているんでしょうね。

私が働いているのは、認知症型グループホームです。

認知症高齢者を毎日お世話している身としては、

認知症を患っている人に、車の運転をしている所想像するだけで、

背筋がぞっとします(^^;

高齢者ドライバーの加齢に伴う身体・心理的特徴
視覚機能の変化 静止視力 静止した状態で静止したものを見るときの視力を『静止視力』と言います。 例えば視力検査などで、「上」「下」「左上」など刺されたものを、 答えるやつあれは『静止視力』です。 運転席にある各種メーター類...

これをうまく答えることができなかったら、

免許返納を真剣に考えていいかもしれませんね。

高齢者ドライバーによる相次ぐ事故により、増える免許返納
高齢者ドライバーへの不安 街の声は… 高齢者ドライバーへの印象は? 「(高齢者の運転に)自分はすごく不安を感じる。」 「感覚が鈍っている人も多いから怖い」 「高齢者はこちらを見ていても、見えていない心配です。」 高齢者の免...

コメント