伊勢湾台風(昭和34年)とは 当時の記録(動画)から見る被害の大きさ

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

昭和34年9月26日に日本に上陸した台風15号。

特に伊勢湾沿岸の愛知県や三重県の被害が特に大きく、

『伊勢湾台風』と呼ばれるようになりました。

今年で60年です。

当時を知る高齢者さんに、

話を聞いてみてもいいかもしれませんね。

特に中部地方は被害が大きく、

その地域の人はこういった悲惨な思い出は、

よく憶えているかもしれません。

当時の苦労話など話が広がると思います。

もしかしたら辛すぎる思い出(体験)もあるかもしれないですね。

高齢者施設など、

動画を流して当時の記憶を引き出して、

会話のネタにでも使ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする