大阪で75歳の高齢者運転のタクシー バスターミナルに突っ込む事故

運転

大阪で75歳の高齢ドライバーが、

バスターミナルに突っ込む事故が起きました。

 

私はあまりタクシーに乗ることがないので、

知らなかったのですが、

75歳のご高齢でも、

タクシーを運転することができるんですね。

 

そのことにびっくりいたしました。

 

もし自分がタクシーに乗ったとき、

運転者が高齢ドライバーだったら、

もうドキドキハラハラですね(^^;

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

大阪市天王寺区の近鉄・上本町駅前のバスターミナルにタクシーが突っ込んだ。 この事故で、3人がけがをしている。 歩道に乗り上げたタクシーのバンパーが転がり、ボンネットは外れ、エンジンルームは丸見え。 フロントガラスもぼろぼろになっていて、衝突の勢いが大きかったことをうかがわせる。 事故があったのは午後5時ごろ、天王寺区の近鉄・上本町駅前で、通行人の女性から「バス乗り場にタクシーが突っ込んだ」と消防に通報があった。 救急隊などが駆け付け、救助にあたっているが、これまでにタクシーの75歳の男性運転手が頭に軽傷を負ったほか、乗客の男女2人が病院に運ばれた。 いずれも軽傷とみられる。 警察によると、タクシーは男女2人を乗せて走りだした直後に暴走したとみられるという。 (関西テレビ) ↓記事はこちら https://www.fnn.jp/posts/00426067CX/201910231829_KTV_CX FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

高齢者ドライバーの加齢に伴う身体・心理的特徴
視覚機能の変化 静止視力 静止した状態で静止したものを見るときの視力を『静止視力』と言います。 例えば視力検査などで、「上」「下」「左上」など刺されたものを、 答えるやつあれは『静止視力』です。 運転席にある各種メーター類...
高齢者ドライバーの交通死亡事故 半数が『認知症』の恐れ
2018年2月のニュースですが、 死亡事故を起こした高齢者ドライバーの半数が、 『認知症』の恐れがあると判断されていた。 といったニュースです。 内容としては、 高齢運転者死亡事故(2017年) 全体の約13%にあたる4...

コメント