11月5日は『いいりんごの日』りんごの栄養素・効用・効能・カロリー等調べてみました。

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

11月5日は、

【いいりんごの日】という事で、

リンゴについて少し調べてみましたので記事にしました。

あなたは「リンゴ」にどんなイメージを持たれていますか?

実は私は、

食べる機会が全くなく、イメージも何も、

りんごにあまり存在感を感じていませんでした。

あなたも実はそうなんじゃないでしょうか?

そんなりんごですが、

実は、

1日1個のりんごは医者を遠ざける」というイギリスのことわざがあるように、

「食物繊維」や「カリウム」が多く含まれていており、

高血圧など生活習慣病の予防に効果があるとされていています。

それだけじゃなく、

他にも体にいい事ばかりの「パーフェクト」果物だったのです。

そんないい事ばかりの「りんご」。

可愛いりんごのキャラクターで、

リンゴのいいところを紹介しています。

ぜひご覧ください。

りんご(皮つき)の成分(果肉100g当たり)

エネルギー 61kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.3g
炭水化物 16.2g
灰分 0.2g
カリウム 120mg
カルシウム 4mg
マグネシウム 5mg
リン 12mg
β-カロテン 当量 27μg
ビタミンC 6mg
食物繊維 1.9g(水溶性 0.5g、不溶性 1.4g)

(資料:日本食品標準成分表2015)

高血圧の予防

便秘の解消

胃腸に優しい働き

虫歯予防

太りすぎの予防と美容

どうでしょうかリンゴ1日1個。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

話のネタにでも使ってください。

折り紙でリンゴの簡単な折り方

ついでに、

折り紙で簡単につくれる『りんご』の動画を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする