サービス付き高齢者向け住宅とは? 他の施設との違いやサービス内容は?

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

この記事では、

高齢者の為の専用住宅。

『サービス付き高齢者向け住宅』

についてわかりやすく動画で説明しています。

超高齢社会

65歳以上が23%の長寿大国日本。

2035年には3人に1人が高齢者になると予測されています。

高齢者のひとり暮らしや、

高齢者同士の世帯が増えています。

ひとり暮らしで、

万が一ケガや病気などで、

障害が発生したら、、、。

子供との同居か施設暮らしか。

介護が必要になったお年寄りと、

介護者である家族が、

これまで直面してきた問題です。

自宅介護の場合は、

自由な暮らしがある一方、

家族の介護負担が大きいです。

家族での介護が限界に達すると、

残された選択肢は施設への移動。

施設では自由に生活できるわけではありません。

起床から就寝まで、

全てスケジュール管理されています。

例えば私が働いているグループホームでも、

起床、朝食、おやつ、体操、レクリエーション、入浴、昼食、昼寝、夕食、就寝。

すべて決まった時間に行っています。

グループホームは自立度が高い人が多いので、

比較的自由度が高いですが、

特養など認知度が高い(自分で動けない)利用者さんが多いところは、

徹底管理されており、

スケジュール管理というか、

もう流れ作業感が高いです。

そこで注目されるが、

介護保険制度の改正で、

サービス付き高齢者住宅等といった、

施設が新設されました。

サービス付き高齢者住宅とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする