座ってできる体操・リハビリにも使える10分健康体操

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

この記事では、

座ったまま行える、

リハビリにも使える10分健康体操の、

やり方の動画をご紹介しています。

急速に高齢化が進む日本において、

多くの高齢者が介護状態にならないように、

良い身体状況を長く保つことがとても大事です。

健康な体作りは何も高齢者に限らず、

日頃の取り組み次第で、

今後の人生を大きく左右しかねません。

今回ご紹介する動画の体操を参考にするのも、

よい取り組みだといえます。

毎日10分間、

するとしないとでは、

将来何十年先の未来が、

大きく違ってくるでしょう。

毎日行う運動のきっかけとして、

この体操から始めてみてもいいでしょう。

  • 深呼吸
    (息を鼻から吸って口から吐く)
  • 首のストレッチ
    (前側と後ろ側の筋肉をよく伸ばす)
    (首を右と左に倒す)
  • 肩のストレッチ
    (腕を前で組んだまま、肩を上げ下げする)
    (両手を前で組んで、ゆっくりと上げて、肩を伸ばす。)
  • 胸を張る運動
    (手のひらを前に向けて、両手を少し後ろに引くように胸を張る。)
  • 背中を伸ばす運動
    (両手を前で組み、出来た輪っかからおへそをのぞき込む。)
  • 膝のストレッチ
    (片足をかかとを付けるように前に出し、両手は反対の足へ乗せ、体を前に倒す。)
  • 腕の曲げ伸ばし運動
    (両手を前で組み、肘を曲げ、肘同士をくっつけるように力を入れる。)
    (両腕を前に伸ばして、手首を左右に10回ひねる。)
  • お腹に力を入れる運動
    (両手は椅子の手すりにつかまり、膝を揃えて、上にあげる。)
  • かかとを上げる運動
    (両足のかかとをしっかり上にあげる。)
  • つま先を上げる運動
    (両足のつま先をしっかり上にあげる。)
  • もも上げの運動
    (膝が自分のへその高さめがけて、上げるように意識する。)
  • 深呼吸

以上です。

ぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする