【現役介護士がつくる】高齢者・シニアのための健康ごはん『牛肉の時雨煮』『ほうれん草と人参の胡麻酢和え』グループホーム料理 簡単 レシピ 高齢者の食事 介護食

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

現在、認知症型グループホーム(高齢者施設)で、

介護士として、働いています。
しげゆきです。

実際に、
当番で利用者さんに、食事を作っていて、
職場で覚えた料理を、
家族にふるまっています。

今回は、
『牛肉のしぐれ煮』と『ほうれん草と人参のゴマ酢和え』です。

【作り方】
①牛肉(200g)を、食べやすい大きさに切る。生姜は皮をむいて千切りにして、水にさらしておく。
②鍋に、水(大さじ4)、酒(大さじ4)、醤油(大さじ2)みりん(大さじ2)、砂糖(20g)をいれて、強火にかけ、煮詰める。
③牛肉を加え、煮汁が少し残っているぐらいで、生姜を加え、よく煮絡めて、水分を飛ばす。

ーーーーーーーーーー

【牛肉】には、
牛肉はたんぱく質、
脂質などを含み、
特に鉄分が豊富です。

疲労回復に効果的な、
アミノ酸もバランス良く含まれいて、
体内で合成することのできない必須アミノ酸が効率よく摂れます。

ただしコレステロールが高いので、食べ過ぎに注意が必要です。

ーーーーーーーーーー

【生姜】には、
抗炎症作用、
鎮痛作用、
血液サラサラ効果、
血行促進作用、
殺菌作用、
健胃、
整腸作用など、
とにかく体によい効能ばかりです。

さらにしょうがの血行促進作用は、
冷え性と切っても切れない関係にある、
肩こりなど、
筋肉の血行不良が原因で、
起こる症状の改善にも効果が期待できます。

ーーーーーーーーーー

『ほうれん草と人参の胡麻酢和え』

【ほうれん草】は、
β-カロテン、
ビタミンC、
鉄分を豊富に含む栄養価の高い野菜です。

そのため、
疲労回復、
美肌効果、
貧血予防、
風邪予防、
がん予防に効果的と言われています。

また、
葉酸も含まれているため、
貧血予防や妊婦さんにもおすすめしたい野菜です。

ーーーーーーーーーー

【ニンジン】は、
特にカロテンが豊富な野菜として知られています。

英語の名前である「carrot」の語源は、
カロテンと言われているほど。

ニンジンに豊富に含まれるβカロテンです。

免疫力アップや、
抗酸化作用があるので、
かぜなどの感染症や、ガン、
生活習慣病の予防に期待できます。

また、
βカロテンは体内で、
ビタミンAに変換されて、
皮膚や粘膜を守る働きもあり、
肌の健康維持や老化防止にも効果的です。

油に溶けやすい性質があるので、
油と合わせると効率よく摂取できるでしょう。

ニンジンには他にも、
ビタミンB1やビタミンB2、
カリウムに鉄分と、
様々な栄養素が含まれています。

ーーーーーーーーーー

グループホームでお出しするメニューを提案しています。

が、
もちろんご家庭で作っていただいても、
参考になるかと思います。

万年人手不足の介護業界。
出来るだけ『簡単』に出来るものを、
提案していきます。

高齢者用ですので、薄味で量も少なめです。
その分ダイエットなさっていて、
量を制限している人も参考にしてください。