長芋パワー!?便秘改善に期待できる今大注目の成分、ガッテン!2020年1月15日で紹介レジスタントスターチ

空腹を我慢しなくていいダイエット!?人気沸騰『プロテイン』

現在、認知症型グループホーム(高齢者施設)で、介護士として働いています。

健康診断後、テレビで紹介された健康情報に目がない、

しげゆきです。

2020年1月15日(水)のNHKで放送されている『ガッテン!』で、便秘改善の効果が期待できる、今大注目の成分、『レジスタントスターチ』と、それを多く含む食材について紹介されていました。

番組内では、レジスタントスターチが多く含まれている食材の一つとして、【長芋】が挙げられていました。

長芋は、もともと中国では滋養強壮の漢方として利用されていたのは知っていましたが、便秘にも効くとは、もう万能薬ですよね(笑)

実験では、12人中8人に便秘改善が!?

番組内の実験で、長年便秘に苦しめられている12人に協力してもらい、1週間長芋100g摂取生活を送ってもらった結果、12人中8人に改善があったそうなんです。

これは、レジスタントスターチが持つ、2種類の食物繊維と同じ働きをもっていることにあるというのです。

その食物繊維とは、

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維

の2種類。

まず不溶性食物繊維とは、その名が示すとおり水に溶けない食物繊維。便の量を増やす働きを持っています。そして、水溶性食物繊維は、水に溶ける性質を持っていて、便のかさ(体積)を増やし、また腸内細菌のエサになる働きがあります。

レジスタントスターチはそれだけで、2種類の食物繊維と同じ働きをし、便秘改善の効果を発揮します。

便秘改善以外にも、たくさんの健康効果が!?

レジスタントスターチの研究をしている大学教授の説明によると、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果。そして、血糖値の急上昇を抑える作用も期待できるといいます。いやいや本当に万能薬ですね(驚)


レジスタントスターチ摂取の際の注意点

そんな万能薬にも注意点があります。それは、糖質を含むものと一緒に摂取すると、糖の吸収が穏やかになって、血糖値の急上昇を抑制できますが、たくさん摂るとエネルギーの取り過ぎで、太ってしまう恐れがあります。

まぁ、なんでも摂り過ぎはよくないですね。

長芋を使ったレシピ動画紹介

私のYouTubeチャンネルで、長芋を使ったレシピを紹介したいと思います。

あさり玉丼とろろかけ

【作り方】(1人分)

冷凍むきあさり…80g 玉ねぎ…1/4個 長芋…30g オリーブオイル…適量 卵…1個 すき焼きのタレ…50ml 水…25ml ①長芋をすりオリーブオイルを一回し、玉ねぎは薄切り、むきあさりはサッと水洗いしておく。 ②フライパンに、すき焼きのタレ、水を入れ沸いたら、玉ねぎを入れしんなりしてきたら、むきあさりを入れひと煮立ち。 ③弱火にして溶き卵を回し入れて、30秒ほど蒸らす。ご飯に盛り長芋を乗せて完成

たたき長芋

【1人分】 長芋…50g ポン酢…5g(小さじ1) 刻み海苔…少々 【作り方】 ①皮をむいた長芋を、丈夫な袋に入れて、食べやすい大きさになるまで、棒でたたいて、ポン酢を和える。 ②器に盛って、刻み海苔を振りかける。

鶏肉と長芋の炒め煮

【2人分】 鶏胸肉…1枚 長いも…120g 長ねぎ…1本 ★酒…小さじ2 ★塩コショウ…適量 ★片栗粉…小さじ2 ☆酒…小さじ2 ☆醤油…大さじ1 ☆水…150ml ☆砂糖…小さじ2 1/2 ☆酢…小さじ2 ☆こしょう…適量 ☆ごま油…小さじ1/2 【作り方】 ①鶏むね肉を半分に切って、1㎝の厚さに削ぎ切り、酒、塩コショウをして混ぜ、片栗粉をまぶす。 ②長芋は、7㎜くらいの厚さの半月切りにし、長ネギは1㎝くらいの斜め切り。 ③鶏肉を両面サッと強火で焼いて取り出す。 ④長芋と長ネギを炒め調味料を加え、鶏肉を戻し、煮汁を絡めながら火を通し、ごま油を加えて仕上げ、器に盛る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする