【オメガ3でがん予防】「いわしの玉ねぎ梅だれがけ」 料理 レシピ 3分クッキング

がん予防
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回紹介するがん予防になる、体にやさしいレシピは「いわしの玉ねぎ梅だれがけ」です。実父が大腸がんを患いました。大腸がんは5%遺伝の要素があるというので、日々、がん予防、体にやさしい食事作りに励んでいます。

イワシやサンマなどの青魚の皮には身よりも豊富にオメガ3が含まれおり、小魚の骨は豊富なカルシウムが含まれています。 

海洋由来のオメガ3脂肪酸は、腫瘍の発達および増殖を抑制するのにとても効果的なんです。

「いわしの玉ねぎ梅だれがけ」の作り方

~爽やかな梅だれで、いわしがさっぱり食べられます!~
材料(4人分):いわし(6尾)、塩、小麦粉、玉ねぎ(1/2個)、新しょうが(20g)、梅干し(2個)、酒、砂糖、しょうゆ、塩、青じそ(10枚)、油

一人前あたり:226kcal、塩分2.0g

鱗があったらとっておいてください

イワシの頭を切り落とします

お腹の部分を肛門まで切り落とし、

はらわたを取り出します

お腹の中をきれいに水で落とします

水気をふき取ります

中骨の上に親指を入れて、骨に沿って尾まで開きます

中骨を折って、抑えながら取り除きます

腹骨を切り落とします

反対側も切り取って、尾も切り落とします

背びれに沿って一本切り込みを入れます

もう一本切り落とします

これで3枚に切り落とせました(画像では分かりずらいでしょうか(^^;)

身側に塩を振っておき、

辛み抜きのために水にサッとさらします

新玉ねぎを使用する場合は必要ないようです

梅干しの種を取って細かくたたき、ボウルに

玉ねぎは焼く直前に加えてください

水気が出るからだそうです

イワシに水気がついているので、ふきとってください

焼いたときに皮が剥がれないように、皮側に小麦粉をふります

出来上がりー!

最後に

しげゆき
しげゆき

最後まで当ブログをご覧いただき有難うございます。今回紹介したがん予防になる、体にやさしいレシピは「いわしの玉ねぎ梅だれがけ」でした。

イワシをさばくのはちょっとハードル高そうですが、魚屋さんに行くと、さばいてもらえるでしょうし、さばいたものがパッケージされているものが、売っているでしょうから、ぜひ活用して対応してください。

 

こちらの記事もオススメ

 

 

 

コメント