【こりゃ流行らんわ】電動キックボードで「危険な運転」全国初の書類送検 「免許が必要なのは知っていた」

電動キックボードは、

自走可能な二輪の車両になるので、

出力等から原動機付自転車の分類になります。

原動機付自転車という事は、

原動機付自転車の保安基準を満たして、

税金を払い(ナンバーを取り)、

自賠責保険をかけ、

道路交通法の原動機付自転車の運転に必要な免許を準備して、

ヘルメットを被り、

原動機付自転車のルールに従って運転する必要があるという事です。

これは流行らそうにも無理がありますね。

電動キックボードによる危険な運転で、全国で初めて警視庁が書類送検。

飲食店従業員の女(20代)は2021年6月、東京・新宿区の交差点で無免許で電動キックボードを運転し、信号無視でタクシーと衝突して乗客の男性に軽いけがをさせた無免許危険運転致傷などの疑いが持たれている。

女は手を骨折し、「免許が必要なのは知っていた」と容疑を認めているという。

電動キックボードをめぐっては、無免許などの違法運転が問題になっていて、都内では2021年、34件の事故が発生している。

より刑の重い、危険運転致傷容疑の適用は全国で初めて。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする