【ダイエットに美肌効果】豆腐の効果的な食べ方とは?4つの常識

ダイエット

1日豆腐といえば低カロリーで高タンパクとダイエット効果が期待できます。

さらに消化吸収もよくて、食欲の落ちるこの時期にピッタリな夏の食卓の優等生です。

 

そんな豆腐の知られていない常識を4つご紹介します。

①ダイエット効果ががより期待できるのは絹ごし豆腐より『木綿豆腐』

同じ豆腐で絹ごし豆腐より木綿豆腐の方が栄養価が高いです。

なぜかというと、製造過程で違いが出てくるからです。

 

木綿豆腐は、水分を抜きながら濃縮して作るので、絹ごし豆腐に比べて、

およそ2~3割も栄養価が高いそうなのです。

 

なので、より多くタンパク質を摂ることによって、

食欲を抑えるホルモンの分泌を促し、

また、体脂肪を燃焼させやすくしてくれる効果も期待できます。

 

なので、ダイエットに向いているのは、

絹ごし豆腐より木綿豆腐がおすすめです。

 

②アボカドと食べることにより美肌効果アップ

豆腐とアボカドを合わせて食べることで、美容効果が期待できます。

 

なぜなら、豆腐にはイソフラボンが含まれていて、

豆腐とアボカドには抗酸化作用のあるビタミンEも含まれているからです。

 

さらに、アボカドには豆腐にはないビタミンCが含まれているので、

肌荒れの改善や、新陳代謝を促し美肌効果がより期待できるのです。

 

なので、アボカドと豆腐を一緒に食べることで美容効果をアップすることができます。

 

③効率の良いイソフラボン摂取は「朝、昼、晩の3回に分けて食べること」

豆腐に含まれるイソフラボンは、こまめに分けて摂取することが大事です。

なぜなら、イソフラボンは体内に留まることができずに6時間から8時間で半減してしまうからです。

 

なので、朝、昼、晩と3回に分けて食べることで、

ホルモンバランスを整える手助けをしたり、

髪につやを与える効果を得ることでできます。

 

また、乳がんの発生率の減少にも効果があると言われています。

 

なので、出来れば1日3食豆腐を食べましょう。

④質の高い睡眠を得るためには「朝に食べる」

豆腐を朝食べることによって、質の高い睡眠効果を得ることができます。

なぜなら、豆腐には多くのトリプトファンが含まれているからです。

 

トリプトファンとは、

質の高い睡眠に欠かせないメラトニンの素になるアミノ酸の一種。

このトリプトファンは食べるタイミングが重要になってきます。

 

トリプトファンがメラトニンになるまでは14時間から16時間かかるので、

豆腐を朝食べることで夜寝る前より、

多くのメラトニンを分泌することができるのです。

 

なので、質の高い睡眠効果を得るためには、

朝に豆腐を食べましょう。

 

おすすめ豆腐料理集

『豆腐のふわふわ丼』

『肉みそ豆腐』

『厚揚げ豆腐の大葉包み』

『豆腐のそぼろかけ』

まとめ

身近な食材の「豆腐」。

一緒に食べる物や食べるタイミングを参考に、

効率よく豆腐の栄養を摂りたいですね。

 

コメント