【日本人の受賞は15年連続】「イグ・ノーベル」日本人受賞“歩きスマホ”を研究(2021年9月10日)

「勘違いしている人がいるみたいだけど、日本人がイグノーベル賞で受賞しているのは、全てが真面目に研究に取り組んだ結果です。素晴らしい研究結果なのです。」

「イグノーベル賞受賞おめでとうございます
人とは違う視点、観点から実験をして答えを導き出す事はとても大切な事だと思います。」

Yahoo!ニュースコメント

人々を笑わせ、

考えさせた業績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の発表が9日(日本時間10日)あり、

スマートフォンを見ながら歩く人がいると、

集団全体の歩行速度が遅くなることを実験で突き止めた、

京都工芸繊維大学の村上久助教(集団行動科学)らが「動力学賞」に選ばれた。

日本人の受賞は15年連続だ。

「イグ・ノーベル」日本人受賞“歩きスマホ”を研究(2021年9月10日)

 毎年ユニークな研究に贈られるイグ・ノーベル賞を今年も日本人が受賞しました。「歩きスマホ」がいかに集団の輪を乱すかという研究です。

 「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9日、去年に続きオンラインで行われ、京都工芸繊維大学の村上久助教ら4人が動力学賞を受賞しました。

 村上助教らは、横断歩道ですれ違う歩行者の集団が互いを避け、自然といくつかの列に分かれる「レーン形成現象」の実験を行いました。

 この研究のなかで、先頭にスマートフォンを見ながら歩く人がいると、反対側のグループの列が大きく乱れることを明らかにしました。

 前を歩く人がどちらに避けるか迷うことで後ろに続く人にも迷いが生じるということです。

 日本人の受賞は15年連続となります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

イグ・ノーベル賞」15年連続で日本人が受賞(2021年9月10日)

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9日行われ、15年連続で日本人が受賞しました。 動力学賞を受賞したのは、京都工芸繊維大学情報工学・人間科学系の村上久助教らの研究グループで、歩きながらスマートフォンを操作する人がいると、歩行者集団全体の歩行速度も遅くなるなど影響を受けることを明らかにしました。 #イグノーベル賞#歩きスマホ#動力学賞#村上久助教#京都工芸繊維大学情報工学

バナナの皮で・・・イグノーベル賞、日本人教授が受賞(14/09/19)

ユーモラスで独創的な研究に贈られるイグノーベル賞が発表され、バナナの皮の滑りやすさを実験で解明した日本人の教授が受賞しました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

ワニにヘリウム…どんな声? イグ・ノーベル賞に京大准教授ら

「ノーベル賞」のパロディーで、ユニークな研究におくられる「イグ・ノーベル賞」。 14年連続で日本人が選ばれた。 「音響学賞」を受賞したのは、京都大学の西村剛准教授らの研究チーム。 「ワニがヘリウムガスを吸うと、人間と同じように変な声になる」ことを実証した。 ワニの声が変化したことから、ヒトなどと同じように、ワニも空気を共鳴させて声を出していることが確認された。 授賞式は毎年、アメリカのハーバード大学で行われるが、2020年は新型コロナウイルスの影響でオンライン形式だった。 (2020/09/19)

日本人がイグ・ノーベル賞!話長い人を黙らせる機械(12/09/21)

ユニークな研究や発明に贈られるイグ・ノーベル賞。おしゃべりな人を黙らせる装置を開発した日本人研究者らに授与されました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

イグノーベル賞 国別受賞数ランキングの推移📊1991~2019年

イグ・ノーベル賞の筆頭受賞者の住む国を1991年の創設時から調べて、国別受賞数ランキングの推移を動くグラフにしました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする