【今日の動物ニュース】9月16日「アゴ乗せ達人の犬」「牛15頭大脱走」「ソウル繁華街を脱走ロバ」「野生のサギのダンス」Animal news

当ブログをご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

では、本編どうぞ。

9月16日に報道された動物を扱ったニュース動画

“アゴ乗せ達人”犬がまさかの失敗も見事な修正力(2021年9月16日)

 お茶目な表情を見せてくれるのは9カ月の雄、犬の「アポロ」君。とっても芸達者なのです。

 ワンちゃん定番の「鼻スポ」や、さらに「アゴ乗せ」も。飼い主さんによりますと、アゴ乗せは、たった1回で覚えたそうです。

 そんな「アゴ乗せ達人」のアポロ君ですが、時には失敗も・・・。

 なんてことでしょう、目標を見失いました。でも、すぐさま・・・。

 さすがアゴ乗せ達人。見事な修正力です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

牛15頭が“大脱走”し道路をウロウロ

15頭の牛が逃げ出しました。  警察によりますと、16日昼ごろ、大分県豊後高田市の畜産農家から牛が逃げ出しました。  通行人からの通報を受けた警察や市の職員11人がかりで捜索にあたり、まずは6頭が捕獲され、1頭1頭飼い主に引き連れられて帰ったということです。  しかし、その後、まだ山の中から鳴き声がすることから近くを捜索していたところ、林の中などから、さらに9頭が見つかりました。  市役所によりますと、この牛は黒毛和種。繁殖用の牛で、飼っていた25頭のうち親牛15頭が脱走しました。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

なぜ!? ソウル繁華街を脱走ロバ2頭が疾走

韓国・ソウルの繁華街をある動物が走り回る騒ぎがありました。  ソウル・江南(カンナム)の繁華街。道路のど真ん中を走るのは、なんと2頭のロバです。  車と競うように道路を駆け抜けるロバたち。14日、江南をロバが歩き回っているという市民の通報を受けて、警察と消防が出動。およそ10分後には2頭とも捕獲されました。  けが人などはありませんでしたが、一時、交通渋滞が起きました。  ロバは近くの食堂でペットとして飼われていたもので、韓国メディアによると、逃げ出したのは4回目だということです。(15日19:41

野生サギがダンス?首ユラユラから一転パクリ(2021年9月16日)

奇妙なダンスから一転・・・。野生のサギが見せた驚きの行動とは。  田んぼに現れたのは1羽のサギ。  天を見上げながら長い首をゆらゆらと左右に揺らしています。  止まった、と思ったらまたゆらゆら。まるで踊っているかのような何とも不思議な動きです。  撮影した方は、「天気もよく、風も心地よい日だったので、楽しくダンスをしているんだな」と思ったそうなんですが、その後、だんだん揺れのリズムが早くなり、身をかがめた次の瞬間。  サギがくわえているのはなんと、大きなカエルです。  優雅なダンスから一転、素早い動きで獲物を捕らえました。  その後、サギはカエルを丸のみに・・・。  あのゆらゆらとした不思議なダンスはカエルを惑わすためだったのでしょうか。  東京港野鳥公園チーフレンジャー・川島賢治さん:「あそこまで(首を)振って捕るのは見たことがない。普通カエルを捕る時にああいう行動をしているかというと、普通はもっとパッといくことが多いので」  野鳥の観察を30年続けてきた東京港野鳥公園の川島さんも初めて見る映像だと言います。  東京港野鳥公園チーフレンジャー・川島賢治さん:「あのように首を振ったりすることはあるが、それと振った後にカエルを捕る行動が結びついているかは分からない。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする