【介護施設向け】人気老舗洋菓子店のプリンを完全再現 牛乳パック1本使って簡単に手作り 大量消費 手土産にも

プリン

当ブログをご覧いただき有難うございます。

【介護士料理人しげゆき】です。

プリンが好きなのでたくさん食べたいのですが、300円くらいのビッグカッププリンは高く感じます。
自分で作ったら同じ費用でもっとたくさん作れると思うんですがどうでしょうか?

介護施設で、おやつを作ろうと思います。何かいいおやつを教えて下さい。

そんな方に向けて、介護施設には必ず常備されている牛乳を、

たくさん使って大量にプリンを作れる動画をご紹介します。

 

現在日本では、

牛乳や乳製品の原料となる生乳が余り、

この年末年始に大量に廃棄せざるを得ない事態が懸念されています。

 

それを受けて、老舗洋菓子店がこんなツイートをしました。

牛乳パック1本1000㎖使った大量レシピです。

これさえ覚えれば、いつでも大量にプリンを作ることができますよ。

 

テレビでも取り上げられているので、その動画を載せておきます。

27日にSNSで急上昇し、番組が注目したワードは「牛乳レシピ」です。牛乳が大量廃棄される危機にあるというニュース以降、検索が続いています。なかでも、老舗洋菓子店が公開した「秘伝のレシピ」に今、注目が集まっています。

 ツイッターの投稿に6万「いいね」が付いたのが東京・神田にある近江屋洋菓子店。この店の超人気プリンのレシピを公開したからです。

 公開した訳は・・・。

 近江屋洋菓子店・吉田由史明さん:「年末年始にかけて、牛乳の大量廃棄のニュースを見て、ケーキ屋さんも酪農家あっての商売なので、少しでも力になれればと」

 コロナで需要が減ったことなどから、牛乳の大量廃棄が懸念されるなか、大臣もゴクゴク。さらに、総理も消費呼び掛け。

 そうしたなか、公開された超人気プリンのレシピ。使う牛乳は1パック丸ごと。材料は他に、卵とグラニュー糖、バニラエッセンス。

 まずは牛乳と砂糖を合わせ、70度になるまで加熱します。ここに卵と卵黄を入れて混ぜてその後、60度程度のお湯につけて温めます。そして、150度のオーブンでおよそ1時間加熱し、固まったら出来上がり。

 ちなみに、店とは違って生クリームは使わず、牛乳の割合を増やしたそう。

 近江屋洋菓子店・吉田由史明さん:「『作りました』『作ってみます』というコメントを頂くので、この状況で皆で助け合うということですごく温かい気持ちになりました」

 さらに、とっておきの裏技も。

 それが、牛乳で作る生クリーム。なんと簡単。牛乳とバターを3対1の割合で溶かすだけ。

 気になる人はお試しあれ。

続きのツイートはこちら

そして、近江屋洋菓子店さんは、

こんなツイートも親切に公開してくれています。

こちらもご参考あれ。

 

 

 

 

 

 

 

コメント