【特養では不可能!?】スタッフ2人で300人を見守る 中国の「スマート介護」

スマート介護

「スマート介護っていったいどういった介護なの?」といった疑問に答える記事となっています。

日本は、これからますます少子高齢化に拍車がかかってきます。出生率が低くて、これからもっと高齢者の数がどんどん増えていきます。若者か少ないおかげで、介護の現場は人手不足でどんどん圧迫されていきます。

それは中国でも同じようで、1979年に増えすぎた人口に歯止めをかけるため「一人っ子政策」が導入されました。しかし、逆に少子高齢化が進んでしまって2016年には撤廃されましたが、いまだに解消されず、出生率は上がっていません。

そこで中国で導入された、とんでも介護「スマート介護」最新のIT技術を使って介護の効率化を図っています。今回紹介する動画では、2人のスタッフで、300人を見守るといった内容になっています。

スマート介護とは一体どんな介護なのか?

最新の国勢調査で高齢化の進行が鮮明となった中国。そんな中、IT技術を駆使した最先端の「スマート介護」が注目を集めています。(11日15:18)

#介護 #中国 #在宅介護

【結局意味あるの?】スマート介護士とは!?

コメント