【北海道の向日葵スポット】「北竜町ひまわりの里」Sunflower field in Hokkaido 観光 旅行 花の名所 夏の花 向日葵 ヒマワリ JAPAN 花畑 夏の風物詩 日本の夏

スポット
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回は向日葵の絶景スポット、北海道雨竜郡北竜町の「北竜町ひまわりの里」の向日葵をご紹介します。

太陽に向かって大きな花を咲かせる姿が魅力的な「向日葵(ヒマワリ)」。花の中でまるで「私が一番」と主張しているように見えます。日本の各地のひまわり畑はまるで絵画のような美しさを私たちに見せてくれます。

日本各所に向日葵の有名スポットがありますので、ひとつひとつスポットを当てていきたいと思います。今回は、北海道雨竜郡北竜町の「北竜町ひまわりの里」の模様をご紹介します。

高齢者・介護施設の近くに、こんな綺麗な場所があれば、利用者さんとみんなで散歩に繰り出すことが出来るのですが、近くにないので動画を見て我慢しましょう。

北竜町ひまわりの里

東向き斜面の丘に、東向きに咲く200万本のひまわり。ひまわりは観光客に向って咲いています。30日間以上に亘って里のどこかで満開のひまわりを鑑賞できる日本の絶景として紹介されているひまわり畑です。

ひまわり 北海道 北竜町 ひまわりの里 Sunflower field in Hokkaido 観光 旅行 花の名所 夏の花 向日葵 ヒマワリ JAPAN 花畑 夏の風物詩 日本の夏

しげゆき
しげゆき

100万本以上の向日葵を見ることができます。トラクターで引っ張る遊覧車に乗って見て回りたいです。

北海道の北竜町にある「ひまわりの里」には約100万本以上のヒマワリが見渡す限り地平線までに咲き誇る姿は、まさに壮観、総面積は23haを誇っている。このヒマワリのタネは油や食用に加工される。この畑は、昭和55年、農協女性部がひまわりの「1戸1アール自給運動」に取り組みヒマワリを植えたのが始まりで、昭和62年に「第1回ひまわりまつり」を開催し、平成元年から大規模な栽培が始まり、全国的なヒマワリブームで問い合わせが殺到。後にマスコミで大々的に紹介され、全国的に北竜町はヒマワリの町として知られるようになる。このヒマワリは、町民による「草取り十字軍」というサポーターが草取りを行い、手間ひまをかけて育つ。また、ヒマワリは大きい植物なので養分を多く吸収し、土地がやせてしまう。美しい花畑ができるまでには多くの人々の汗と力で花を咲かせている。

コメント