【7月14日】カワイイ動物放送まとめ「涼しさ求めるアルパカ」「鯉ピンチ…のはずが」「2か月ぶり警備員VS黒猫」「アザラシとハグ体験」「豚の落とし物」

7月
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回は、7月14日にテレビで紹介された、可愛い動物たちをまとめました。一日の疲れを可愛い動画で癒されてください。

アルパカ】涼しさ求め 扇風機前の“特等席”で…

千葉県市川市動植物園のSNSで公開されているのは、正面から風を浴びるアルパカです。頭の毛がたてがみのようになっています。風の正体は扇風機。アルパカは、人間と同じように“特等席”で涼んでいました。

よく見ると、順番待ちをしているようにも見える、別のアルパカの姿もありました。別の日に投稿された動画でも、何頭ものアルパカが扇風機のまわりに集まっていました。

市川市動植物園・アルパカ担当 橘亜希さん
「やっぱり、すごく暑い日に涼みに来ることが多いので、気持ちいいのかなと思います」

もともと、涼しい高原地帯に生息しているアルパカ。この動植物園では、熱中症の危険性があることから、6月に全身の毛を刈る“サマーカット”を行ったばかりでした。

毛がなくなったことで涼しくなるのでは?と思いきや…

市川市動植物園・アルパカ担当 橘亜希さん
「より涼しさを求めてっていう形になりますかね」

この園では、暑さ対策として扇風機のほかに夜間のクーラー稼働や水浴びなどを行っているということです。

【意外な展開】クマが突然入ってきて…池で泳ぐコイがピンチ?

アメリカ・マサチューセッツ州で13日、クマが突然、民家の池の中に入ってきました。池で泳ぐコイに危機が迫ります。「食べられる…」と思いきや、クマはコイには目もくれず、水面に口をつけるとガブガブと水を飲み始めました。

暑さに耐えかね、体を冷やしに池に入ったのでしょうか。しかし、すっかり腰を下ろしてリラックスした次の瞬間…周りで泳ぐコイにびっくり! コイも驚き身をひそめますが、クマはコイが気になって仕方がない様子です。

水浴びどころではなくなってしまったクマは、1分半足らずで池から出ていきました。

AP通信によると、民家の池には野生の動物が頻繁にやってくるということで、家主が監視カメラを設置していたということです。

ネコVS美術館の警備員 2か月ぶりの再会でまさかのガブリ!|TBS NEWS DIG

■黒猫ケンちゃんvs警備員さんの攻防戦

なんとかして美術館に入りたい黒猫のケンちゃんと、何とか阻止しようとする警備員さんの微笑ましい攻防戦。

ケンちゃんが建物の中に入ろうとしても、尾道市立美術館の警備員・馬屋原定雄さんが外に戻してしまいます。

連敗続きのケンちゃんに7月、2か月ぶりに再会すると、ある秘策が!?

ゴロンとリラックスした様子を見せるケンちゃんですが、警戒をといた警備員さんに…ガブリ!

なんと、ケンちゃんが警備員さんの手をかみました!

しかし、警備員さんは気にもせずに、ケンちゃんをなでなで。この日は、あえなく侵入失敗。

諦めきれないケンちゃんは、次の日も…今度は勢いよくガブリ!

まさかの2日連続の攻撃に警備員さんは。

尾道市立美術館警備員 馬屋原定雄さん
「甘えているのか、じゃれているような感じもするんですけどね。嬉しい反面、ビックリもしましたよ」

ケンちゃんの攻撃を優しく受け止めた警備員さんに敵わないと思ったのか、ケンちゃんは、その場を後にしたということです。

プールでアザラシとの“情熱的なハグ”も “びしょ濡れ”イルカショーもパワーアップ 南知多ビーチランド (22/07/14 16:45)

愛知県美浜町にある「南知多ビーチランド」で、夏休みシーズンに向け新たなイベントやパフォーマンスの準備が進んでいます。

 7月16日から期間限定で始まる、イルカショーの夏のパフォーマンス。14日には、お客さんを入れて公開リハーサルが行われました。

 ショー最大の見どころが、客席に向かって遠慮なく水をかける豪快なパフォーマンス!

「新米イルカが春から2頭加わって、夏に向けての飛躍がテーマになっています。より多くの頭数が団結力を増しパフォーマンスを披露することは、もっともっとさらにお客さんに楽しんでもらえる迫力ある演出ができるようになりました」(南知多ビーチランド 飼育員 森唯友さん)

イルカの頭数も増え 水しぶきがパワーアップ

 去年まで4頭だったメンバーが6頭に増え、客席に向けて勢いよく飛ぶ水しぶき!

 一生懸命、練習の成果をお披露目するイルカたち。お客さんの反応は?

「濡れちゃった~」
「水がかかって気持ちよく見られました」
「涼しいかなと思いますが、ちょっとびっくりしました」

「(リハーサルは)ばっちりです。毎回ちょっとは反省点や悔しい部分があって、16日からの本番に合わせて再調整して、夏休みお盆休みにしっかり楽しんでもらえるように、もっとレベルをあげたいです」(飼育員 森唯友さん)

アザラシと“ハグ”体験も

 さらに8月には、こんな貴重な体験も…

「おお~強く抱きしめてくれています」(アザラシとのハグを体験する記者)

 体重約80kgのアザラシと、水槽でハグ体験!アザラシも抱き返してくれる、情熱的な抱擁です。

 これまでは大きな水槽でしかハグが出来なかったため、体験できるのは大人に限られていましたが、今年からは、小学4年生から体験することができます。(『プールの中でアザラシを抱っこ』 8月6日~28日の土日曜日開催・各日10名・1名2000円・濡れてもよい服の持参が必要です)

「去年、おととしよりも、お客さんは多く来られると思います。ソーシャルディスタンスやマスク着用は守りながら運営していくが、無理のない範囲で出来る限りのことを行っていきたい」(飼育員 森唯友さん)

高速道路に豚の“落とし物” 捕まえて持ち主に返還(2022年7月14日)

高速道路に横たわっていたのは豚でした。輸送中に落下したものとみられます。

 板に囲まれ、道路に横たわっているのは豚です。

 警察によりますと、14日午前8時半ごろ、北九州市の都市高速道路で「豚が落ちている」と複数の110番通報がありました。

 食肉業者がトラックで運んでいた豚のうちの1匹とみられています。

 北九州都市高速によりますと、高速道路上を走って座り込んでいたところを確保され、午前11時ごろに持ち主の業者に戻されたということです。

 

コメント