【お勧めする3つの理由】会津天宝 大葉みそを食べた感想 焼きおにぎりにも最適 レシピ

味噌

あなたが最近ハマっているご飯のお供はなんですか?定番のものと言えば「海苔の佃煮」や「納豆」「ふりかけ」「漬物」などがありますが、今回は『会津天宝 大葉みそ』をご紹介します。

しげゆき
しげゆき

私が言いたい事はズバリ!「会津天宝の大葉みそ」は何にでも合う便利かつ美味しいご飯のお供だという事です。

先日、KALDI(カルディ)に行った際ご飯に合うものを探していたところ、この「会津天宝 大葉みそ」見つけました。

 
  • 原材料:米みそ(国内製造)、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、植物油(なたね油)、大葉(国産)、とうがらし/酒精、調味料(アミノ酸等)、(一部に大豆を含む)
  • 規格:120g

  • 価格:308円

購入し食べてみたところとても甘めの味付けの中に少々のピリッと感で美味しく、いろいろ試してみましたので、感想やオススメのレシピなどをご紹介します。

こんな方におすすめ

Amazonでのレビューを拝見したところ、皆さん色々使い方をされてて、なかなか無限の可能性を秘めている印象です。

ご飯のお供をお探しの方

一番多いレビューが、パッケージに書いてある通りに「ご飯のお供」として食べた感想が多く寄せられています。

確かに、ご飯と味噌はとても相性がいいんですよね。なぜなら昔から主食として食べられている「お米」ですが、タンパク源としての役割は不十分なのです。なので、大豆製品である「味噌」から不足しがちなアミノ酸を補充できるので、とても理想的な相性なのです。

しかも、ご飯を大豆と一緒に摂ることで、血糖値の上昇を穏やかにしてくれるそうなんです。さらに大豆そのものより味噌は「発酵」しているため、消化吸収しやすくなっています。

と、まぁ理屈をこねていますが、大葉の香りとピリ辛の唐辛子、会津甘みその旨みが重なって、ごはんでおいしいく、おにぎりの具にも最適です。

これいっぱつで味付けが決まる調味料お探しの方

この画像は、私のYouTubeチャンネルの動画を抜粋したものなのですが、鶏もも肉についていた皮を焼いて、細かく切ってこの「大葉みそ」だけを和えたものです。

旨辛の味噌がいいアクセントになって、何だったらこれが一番じゃないかっていうくらい、おいしかったです。これ一つで、一発で味が決まりました。動画内でもありますが、豆腐の上に乗せるだけでめっちゃおいしかったです。

これですね。冷奴の上に乗せて食べるだけで、立派なおかずに早変わりです。

他にも公式HPでも、この「大葉みそ」を使った沢山のレシピが公開されています。

焼き鳥なんかは浸けて焼くだけです。肉や魚、野菜でも何でもござれです。これで作る焼きおにぎりは、かなりおいしそうでした。

なので、これ一発で味が決まる「会津天宝の大葉みそ」は万能調味料としても優秀です。

辛いもの好きな方

「会津天宝の大葉みそ」は、辛い物が好きな方にも、飽きが来ないものになっています。

原材料に「唐辛子」が入っています。ヒリヒリするほどの激辛じゃないと気が済まない方には、ちょっと物足りないかもしれませんが、ピッリっといいアクセントはクセになる事は確実でしょう。

例えば、唐辛子にはカプサイシンという成分が入っています。少量のカプサイシンは口や食道、胃が適度に刺激されて唾液が出て、食欲が増進しますので、食べ出したらもう止まんないです。

適度に辛い「会津天宝の大葉みそ」は、辛い物好きには手放せない商品となっています。

まとめ : これがあったらごはん何杯でもいける

しげゆき
しげゆき

最後まで当ブログをご覧いただき有難うございます。今回は『会津天宝 大葉みそ』をご紹介しました。ぜひスーパーやKALDIで見つけることができたらこちらの大葉みそをおためしください。必ずリピート確定で、もう手放せなくなります。あなたにとって、鬼リピご飯のお供が、1つ増えることでしょう。


 

コメント