【10月19日誕生花「グロリオサ」「アキノキリンソウ」「ハナキリン」】花言葉 折り紙・工作☆EASY Origami make Gloriosa☆

10月19日誕生花

10月19日の誕生花は、

「グロリオサ」「アキノキリンソウ」「ハナキリン」です。

10月19日の誕生花「グロリオサ」

10月19日の誕生花は「グロリオサ」です。

グロリオサは、イヌサフラン科・グロリオサ属の球茎を持つ落葉性の多年生植物です。

熱帯アジア及びアフリカ原産の花で、

百合の花が細くなったような姿から日本では「ユリグルマ」や「キツネユリ」と呼ばれています。

英語圏では栄光の百合という意味の「GloryLily」、

及び赤い花の色から炎の百合という意味の「FlameLily」と「yp」ばれており、

ジンバブエの国花です。

高さ3メートルにも達することがあるほど高く育ち、

赤い花が遠くから見てもわかるくらい華やかな花です。

花言葉は、

「栄光」「勇敢」です。

10月19日の誕生花「アキノキリンソウ」

アキノキリンソウは1つの花の大きさは1㎝強ですが、

枝の上の方にたくさん集まって咲き、

大きい穂状になります。

遠くから見ると、

黄色い大きな花が咲いているようにも見えます。

草丈は30㎝~100c㎝ほど。

日本全国に自生していることから、

寒さにも暑さにも強い植物といえます。

原産は「日本」です。

花言葉は「予防」「用心」「警戒」「励まし」

10月19日の誕生花「ハナキリン」

ハナキリンとは、

マダガスカル原産の多肉植物で、

栽培がやさしく花が美しいことからこのんで園芸栽培されている。

本来は日光と暖かい気候を好むが、

悪条件でもかなり生命力が強い。

ちょっと意外であるがポインセチアの仲間。

赤い花がよく知られているが、

ピンク色、

オレンジ色、

黄色、

白色などの花色があり、変種も多い。

ハナキリンの茎は上に向かってどんどん伸び、

最大で2m近くまで生長することもあります。

その茎の表面には、

2cmほどの太く鋭いトゲが無数に生えています。

このトゲの姿が、

他を寄せ付けず、

近寄りがたい印象となり、

「独立」「自立」「逆境に耐える」といった花言葉の由来となりました。

折り紙でグロリオサの作り方

炎の百合(グロリオサ)を作ってみた。
長いビデオになってしまいました。

花びらの縁に黄色の絵の具を塗れば、もっとリアルになるかもしれませんが、あえて絵の具を使うのをやりませんでした。
葉っぱの先はカールしています。(他の植物に巻き付けて、3mほどに伸びるものもあるとの事です)

めしべに緑を使いましたが、黄緑でもよかったかと思います。
茎の芯に針金を入れるともっとしっかりすると思います。(ワイヤーではチョット弱かったです)
この作品では、元にもう一本竹串を入れ、茎を長くして花瓶にいれました。

よろしければチャンネル登録をお願いいたします。
Thank you for subscribing.
Пожалуйста, подпишитесь на канал, если хотите.

【今日は何の日】10月19日【猫軍曹/暇つぶしTVch】

話のネタにどうぞ。

10月19日生まれの有名人

10月19日生まれの有名人です。 お誕生日おめでとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする