【施設に出る害虫退治】『触らず むしキャッチリー』“触らず虫逃がす”画期的グッズ 大学生の発明を商品化

介護施設
しげゆき
しげゆき

当ブログをご覧いただき有難うございます。介護士しげゆきです。今回は、簡単に虫を触らず捕獲して、外に逃がすことが出来る「触らず むしキャッチリー」をご紹介します。

高齢者施設などで働いていると、思わぬところで害虫に出くわすことがありますよね。例えば、夜勤やっているときなどは日勤帯より静まり返っているので、ガサガサと「ゴキブリ」「ムカデ」、私も出くわしたことがあるのですが「トカゲ」など出てきます。古い建物ならなおさらです。

私は、グループホームで働いているのですが、基本ひとり夜勤です。男性スタッフならでパッと駆除できると思いますが、女性スタッフでは簡単にはいかないですよね。

しかし、この「触らず むしキャッチリー」があれば、女性一人でもなんとか駆除することができるんじゃないでしょうか。

SNSで話題“触らず虫逃がす”画期的グッズ 再生回数700万回超…大学生の発明を商品化(2022年6月23日)

しげゆき
しげゆき

例え、害虫でも「殺したくない」「殺せない」という方は、沢山いると思います。捕まえて、そっと逃がしてあげるっていうのが、いい発想ですよね。

家の中で発見した嫌な虫。こんな時に活躍する画期的なグッズがSNSで話題となっています。

それが「触らず むしキャッチリー」。これを虫にかぶせ、取っ手を引っ張りキャッチ。外に持ち出して取っ手を戻してリリースします。

構造は一部が開いた2つの箱を組み合わせた簡単なものですが、虫に触れることなく、見事に捕獲。やはり虫に触らずに外に逃がすことができます。

TikTokに投稿すると総再生回数は700万回以上。動画には「いや、これほしいわ…」「虫潰したくない逃がす派なので、コレめちゃくちゃほしい」「生かしてあげようという、その発想が優しい」とのコメントが寄せられました。

「こんな道具が欲しかった」と、絶賛する声が殺到したこのグッズ。発明したのは、日本大学の学生たちです。

商品化を提案されたメーカー側は、次のように話します。

旭電機化成 開発課 森内壮多課長:「殺虫剤とか虫を殺す商品がたくさん世の中にあるんですけど、逃がすという観点での商品はほとんど少なくて。独自の観点というか、今までにない新しい観点でつくられた商品だなと感心した」

社内で検討を重ねた結果、1個550円で売り出すことにしました。4カ月で5000個以上を売り上げ、好調な滑り出しを見せているということです。

(「グッド!モーニング」2022年6月23日放送分より)

家の中で発見した嫌な虫。こんな時に活躍する画期的なグッズがSNSで話題となっています。

それが「触らず むしキャッチリー」。これを虫にかぶせ、取っ手を引っ張りキャッチ。外に持ち出して取っ手を戻してリリースします。

構造は一部が開いた2つの箱を組み合わせた簡単なものですが、虫に触れることなく、見事に捕獲。やはり虫に触らずに外に逃がすことができます。

TikTokに投稿すると総再生回数は700万回以上。動画には「いや、これほしいわ…」「虫潰したくない逃がす派なので、コレめちゃくちゃほしい」「生かしてあげようという、その発想が優しい」とのコメントが寄せられました。

「こんな道具が欲しかった」と、絶賛する声が殺到したこのグッズ。発明したのは、日本大学の学生たちです。

商品化を提案されたメーカー側は、次のように話します。

旭電機化成 開発課 森内壮多課長:「殺虫剤とか虫を殺す商品がたくさん世の中にあるんですけど、逃がすという観点での商品はほとんど少なくて。独自の観点というか、今までにない新しい観点でつくられた商品だなと感心した」

社内で検討を重ねた結果、1個550円で売り出すことにしました。4カ月で5000個以上を売り上げ、好調な滑り出しを見せているということです。

(「グッド!モーニング」2022年6月23日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント