【9月折り紙】中秋の名月 立体的なうさぎ 折り紙簡単な折り方

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

中秋の名月 なぜ月にうさぎ?由来は?

9月といえば中秋の名月がありますね。

あなたが小さなころ、保育園や幼稚園、親などに、

『月にはウサギがいて、餅つきをしている。』

と教えてもらって、「月=うさぎ」となっていると思います。

ではなぜ、月にウサギが餅をついているように見えるのか、

それは、月には「海」と呼ばれる黒っぽい部分があって、

その模様が日本から月を見たときに「ウサギが餅をついている」ように見えるのです。

実はこの、「海」と呼ばれている部分。

月を見る場所によって見え方が異なり、外国ではウサギではないのです。

  • カナダ「バケツを運ぶ女性」
  • 北ヨーロッパ「本を読むおばあさん」
  • 南ヨーロッパ「カニ」
  • 東ヨーロッパ「女性の横顔」
  • 北ヨーロッパ「水をかつぐ男女」
  • アラビア 「ほえているライオン」
  • ドイツ「薪をかつぐ男」
  • 韓国「うさぎの餅つき」
  • 中国「不老不死の薬を作っているうさぎ」
  • インド「ワニ」
  • モンゴル「犬」
  • アメリカ「女性の横顔」
  • アメリカン・インディア「ワニ」
  • 南部アメリカ「ワニ」
  • ヨーロッパ「ロバ」
  • 東ヨーロッパ「ロバ」
  • 南ヨーロッパ「片腕のカニ」
  • 南米の一部「ロバ」
  • インドネシア「女性が編み物をしている姿」
  • ベトナム「大きな木とその下で休む男の姿」
  • オランダ「悪行の報いとして幽閉された男の姿」

ざっと上げてみました。話のネタにでもどうぞ。

そんなウサギを、

高齢者レクリエーションとして、皆さんに折ってもらいましょう。

『簡単 立体的なウサギの折り方』

こちらのウサギは、保育用のウサギの折り方ですので。

とても簡単に折れるウサギです。

そしてとてもかわいい(^▽^)

『ぴょんぴょん跳ねるウサギの折り方』

こちらは一部ややこしい部分はあるものの、

おおむね簡単に折れると思います。

ややこしいところは、スタッフがサポートしてあげてください。

『超簡単 折り紙でウサギの顔の折り方』

このウサギの顔の折り方は、とても簡単です。

動画の解説もとても親切で、わかりやすく説明しています。

平面なので、壁面飾りのアクセントとして、

作ってもいいですね。

以上です。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする