輪っかを新聞紙棒ですくい取る介護レクで認知症予防

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

用意するもの

新聞紙

画用紙

入れ物(段ボールやカゴ等)

楽しみ方

新聞紙を丸めて棒状にします。

画用紙を8等分にして切り、両端を止め輪っかを作ったものを、

各チーム10個ずつ用意します。

チームごとに分かれ、棒をもって椅子に座ります。

チームカラーごとに、床に輪っかを置いていきます。

この輪を先に、箱に入れたチームの勝ち。

詳しくは動画をご覧ください。

介護動画324円で見放題! http://ch.nicovideo.jp/kaigodaigaku 無料介護動画配信サイト介護動画配信サイト http://www.kaigodouga.com/ 【レクリエーション介護(11)「色わけ輪ひろい」 【利き手交換訓練】のポイント】↓  (1) 一人一本の新聞紙の棒と、わっかを10個ずつ色分けしたものを用意します。  (2) わっかを箱に入れます  (3) 先に入れ終わったチームの勝ちです。 ※動画はブログやHPなどに貼り付けてご自由にお使いください。 ※ダウンロード後の無断使用は固くお断りいたします。 ※本サイトの情報閲覧、及びご利用によりお客様に生じたトラブルなどに対して、当社は一切責任を負いかねます。

新聞紙を丸めて棒状にするくらい、簡単にできそうですし、

輪っかつくりも、特に手のかかるものではないでしょう。

新聞紙を少し重く仕上げれば、

腕の筋肉を使えて、いいリハビリにもなりそうですね。

ぜひ棒と輪っかを作って試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする