【高齢者調理レク】残りご飯で作る簡単ぼたもち・おはぎの作り方。

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

「おはぎ」と「ぼたもち」の名前の由来

江戸時代から日本に伝わる、この「おはぎ(ぼたもち)」ですが、

当時は、先祖の霊を供養するため、各家でおはぎ(ぼたもち)を作って、

近隣の縁者に、親睦を図るため配っていたそうです。

なぜ「おはぎ」と言われるようになったかというと、

おはぎは、餡を使った餅菓子。表面に小豆の皮が浮かぶ様子をみて、

『萩の花』に似ていることから、「御萩(おはぎ)」と伝えられています。

ちなみに、同じ姿、形をした春の彼岸につくる『牡丹餅(ぼたもち)』は、

季節の花にちなんで呼び分けているそうです。

季節・情緒を楽しむ、日本人ならではですよね。

(ちょっとした雑談のネタにでもどうぞ。)

残ったご飯で作る簡単おはぎ・ぼたもち

そんな「おはぎ・ぼたもち」の簡単に作れる動画を、

ご紹介します。

高齢者施設で、調理レクリエーションとしても、

出来そうなので、ぜひ皆さんに作ってみてほしいです。

詳しい作り方は動画をご覧ください。

もち米を使わず作ってみた! コラムはこちら↓ http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/e471c45b1dbc3d2452b2cff54f2d73b0/

こんなに簡単に作れるとは思いませんでした。

残りご飯を、片栗粉を混ぜてレンチン。

アンコとか、きな粉をまぶして完成。

ずぼらな私でも、簡単にできそうです。

家で、子供と一緒に作るのもいいですね。

『餡からしっかり 1からおはぎ・ぼたもち』

春に食べるのは、牡丹の花になぞらえて「ぼたもち」。 秋は萩で「おはぎ」。 あんを煮て、丸めたご飯を包むだけなのでお子様でも楽しく作れます。 自分であんを作れば、使う砂糖の種類も、甘さも自由に調節できますよ

小豆に熱湯につけて、あく抜き1時間。

熱湯につけた小豆を洗い、お湯を加えながら煮ます。

アクを取って、小豆が指でつぶれるくらいまで、さらに煮ます。

砂糖を数回に分け加えながら、煮詰めていきます。

仕上げに塩少々。と、、、、。

餡つくりで、大変時間かかりますね。

1から丁寧に、おはぎをこだわって作りたい人向けですね。

事前に、餡を作っておいてからスタートなら、

レクの時間内に収まりそうですが、

餡もレクで、作ろうと思ったら時間内に、

収まらないかもしれませんね。

以上です。

ぜひあなたの現場でも試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする