ルテイン・ゼアキサンチン 1日の摂取量は?

介護職の現場の人間関係が最悪で、ストレスがたまる今すぐ辞めたい方

現代こそ『ルテイン』・『ゼアキサンチン』の摂取が必要

近年パソコン・スマートフォンなどの普及により、

目の悩みを持つ人が急激に増えてます。

あなたも身に覚えがあるのとおもいます。

ちょっと時間が空いただけでも、すぐにスマホの画面見ていませんか?

そこで最近よく耳にするようになったのが『ルテイン』です。

しかし「眼によい」ぐらいはわかっていても、

いったいどのような物なのか知らない人がほとんどです。

そして、この名前はあまり知られていませんが、

『ゼアキサンチン』という成分もあります。

『ルテイン』と『ゼアキサンチン』はどちらも目を守るために必要な成分なんです。

ルテインを取ることはよく聞かれていますよね。

テレビや雑誌でも最近はよく取り上げられています。

しかし、

ゼアキサンチンの目を守る成分もとっても重要で、

どっちもかけてはいけない成分なんです。

目に害のある光線には、紫外線のほかに、

近年ではパソコンやスマートフォンなどから発せられる、

あなたも聞いたことがあると思いますが、

青い光(ブルーライト)』もあります。

これらの光を受けると、

目の細胞がダメージを受けてしまうんです。

でもルテインとゼアキサンチンは、

これらの害のある光を吸収する効果があり、

さらに、強い抗酸化作用(「酸化」に「抗(あらが)う」こと、活性酸素を抑制する働き)で、

眼の受けるダメージを防いでくれます。

しかし体内に存在はしていても、

その成分は年齢と共に減ってしまいます。

日常生活の中で徐々に失われてしまうので、

きちんと、できれば毎日補充しなければいけません。

これらの成分は体内で合成することができなので、

食品などから意識的に摂っていく必要があります。

眼の老化を食い止めたかったら、

食品で必要な栄養を取っていかなければ、

食い止められないのです。

ルテイン・ゼアキサンチン何をどれだけ摂取すればよいのか。

でもこれらの成分は一日どれだけ取ったらいいのか。

まずルテインの1日の必要な量は本来なら6mgから10mg

しかし、ルテインは体への吸収率が悪いので、

ちょっと多めにとるのが理想的です。

ゼアキサンチンの場合は、

1日に6mg摂取すればいいと言われています。

ルテインが多く含まれている食品は、一番有名なのが「ほうれん草」。

「ほうれん草」は100gの中に10mgのルテインが含まれています。

一度に100gは大変なので、

予防としては、朝(50g)と晩(50g)に分けてほうれん草を食べるといいでしょう。

これで10mg 摂取の計算になりますが、

すでに眼の老化や、疲れ目が気になる人や高齢者には、

もう少し摂取量を増やした方がいいですね。

ゼアキサンチンが豊富に含まれている代表的な食べ物は、

パプリカ』です。

ルテインが豊富なほうれん草は、100g中0.02mgしか含まれていないんです。

だけどパプリカは100g中12mgの含有量を誇る食品です。

ゼアキサンチンは1日で6mgなので、パプリカ半分ですね。

これらの野菜を積極的に摂っていく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする